はじめに

この機械は回転刃を使用するリール式乗用芝刈り機であり、そのような業務に従事するプロのオペレータが運転操作することを前提として製造されています。この製品は、適切な管理を受けている芝生の刈り込みに使用することを主たる目的とする機械です。この機械は本来の目的から外れた使用をすると運転者本人や周囲の人間に危険な場合があります。

この説明書を読んで製品の運転方法や整備方法を十分に理解し、他人に迷惑の掛からない、適切で安全な方法でご使用ください。この製品を適切かつ安全に使用するのはお客様の責任です。

安全上の注意事項、取扱い説明書、アクセサリについての資料、代理店の検索、製品のご登録などについては www.Toro.com へ。

整備について、また純正部品についてなど、分からないことはお気軽に弊社代理店またはカスタマーサービスにおたずねください。お問い合わせの際には、必ず製品のモデル番号とシリアル番号をお知らせください。図 1にモデル番号とシリアル番号を刻印した銘板の取り付け位置を示します。いまのうちに番号をメモしておきましょう。

Important: シリアル番号プレートについている QR コード(無い場合もあります)をモバイル機器でスキャンすると、製品保証、パーツその他の製品情報にアクセスできます。

g259591

この説明書では、危険についての注意を促すための警告記号(図 2)を使用しております。これらは死亡事故を含む重大な人身事故を防止するための注意ですから、必ずお守りください。

g000502

この他に2つの言葉で注意を促しています。重要 は製品の構造などについての注意点を、はその他の注意点を表しています。

この製品は、関連するEU規制に適合しています; 詳細については、DOC シート(規格適合証明書)をご覧ください。

カリフォルニア州の森林地帯・潅木地帯・草地などでこの機械を使用する場合には、エンジンに同州公共資源法第4442章に規定される正常に機能するスパークアレスタが装着されていること、エンジンに対して森林等の火災防止措置をほどこされていることが義務づけられており、これを満たさない機械は、第4442章または4443章違犯となります。

エンジンの保守整備のため、および米国環境保護局(EPA)並びにカリフォルニア州排ガス規制に関連してエンジンマニュアルを同梱しております。エンジンマニュアルはエンジンのメーカーから入手することができます。

警告

カリフォルニア州

第65号決議による警告

カリフォルニア州では、ディーゼルエンジンの排気には発癌性や先天性異常などの原因となる物質が含まれているとされております。

バッテリーやバッテリー関連製品には鉛が含まれており、カリフォルニア州では発ガン性や先天性異常を引き起こす物質とされています。取り扱い後は手をよく洗ってください。

米国カリフォルニア州では、この製品を使用した場合、ガンや先天性異常などを誘発する物質に触れる可能性があるとされております。

安全について

この機械は、EN ISO 5395: 規格に適合しています(ただし所定のセットアップを行うことが必要です)。また、この機械は、ANSI B71.4-2017 規格に適合しています。

安全に関する一般的な注意

この機械は手足を切断したり物をはね飛ばしたりする能力があります。

  • エンジンを始動する前に必ずこのオペレーターズマニュアルをお読みになり、内容をよく理解してください。

  • この機械を運転する時は常に十分な注意を払ってください。運転中は運転操作に集中してください;注意散漫は事故の大きな原因となります。

  • 機械の可動部の近くには絶対に手足を近づけないでください。

  • ガードなどの安全保護機器が正しく機能していない時は、運転しないでください。

  • 作業場所に、子供や無用の大人、ペットなどを近づけないでください。子供に運転させないでください。

  • エンジンを停止させ、キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

間違った使い方や整備不良は人身事故などの原因となります。事故を防止するため、以下に示す安全上の注意や安全注意標識 Graphic のついている遵守事項は必ずお守りください 「注意」、「警告」、および「危険」 の記号は、人身の安全に関わる注意事項を示しています。これらの注意を怠ると死亡事故などの重大な人身事故が発生する恐れがあります。

安全ラベルと指示ラベル

Graphic

危険な部分の近くには、見やすい位置に安全ラベルや指示ラベルを貼付しています。破損したりはがれたりした場合は新しいラベルを貼付してください。

decal93-6689
decal93-6696
decal93-7272
decal106-6754
decal106-6755
decal110-0986
decal110-8921
decal110-9642
decalbatterysymbols
r:\decal117-0169
decal120-4158
decal125-8754
decal125-8818
decal127-2470
decal133-8062
decal133-2930
decal133-2931
decal138-6975

組み立て

Note: 前後左右は運転位置からみた方向です。

タイヤ空気圧を調整する

タイヤは空気圧を高めに設定して出荷しています。運転前に正しいレベルに下げてください。適正圧は前・後輪とも 0.83-1.03 bar です。

Important: 各タイヤがターフに均等に着地するよう、全部のタイヤを同じ圧力に調整てください。

コントロールアームの位置を調整する

運転しやすいように、コントロールアームの位置を調整することができます。

  1. コントロールアームをリテーナブラケットに固定している2本のボルトをゆるめる(図 3)。

    g004152
  2. コントロールアームを希望位置に動かし、ボルトを締めて固定する。

カッティングユニットを取り付ける

この作業に必要なパーツ

カッティングユニット5

注意

カッティングユニット給電切断カップラ部を解除しないと、誰でもいつでもカッティングユニットを始動させることができ、手や足に大怪我を負う危険がある。

カッティングユニットの整備などを行う際には、必ずその前に、カッティングユニット給電遮断コネクタ部で電源を遮断すること(図 27)。

  1. 給電切断コネクタを外す:カッティングユニットへの給電を遮断するを参照。

  2. カッティングユニットをカートンから取り出す。同梱されているカッティングユニット用オペレーターズマニュアルに従って、希望の設定に組み立て、調整を行う。

  3. カウンタウェイト(図 4)を、決められている側に取り付ける;カウンタウェイトキットの取り付け要領書を参照。

    g027133
  4. ターフ補正スプリングを、リール駆動用モータを取り付ける側に取り付ける。以下の要領で、ターフ補正スプリングの位置換えを行う:

    Note: どのカッティングユニットも、カッティングユニットの右側にターフ補正スプリングを取り付けて出荷している。

    1. カッティングユニットのタブにロッドブラケットを固定しているキャリッジボルト2本を外す(図 5)。

      g003949
    2. スプリングチューブのボルトをキャリアフレームのタブに固定しているフランジナット(図 5)を外し、アセンブリを取り外す。

    3. スプリングチューブのボルトを、反対側のキャリアフレームのタブに取り付け、フランジナットで固定する。

      Note: ボルトは、図 6に示すように、頭部が外側にくるように取り付ける。

      g003967
    4. カッティングユニットのタブにロッドブラケットを取り付け、キャリッジボルトとナットで固定する(図 6)。

      Note: カッティングユニットをトラクションユニットに取り付ける時には、ロッドブラケットの隣にあるスプリングロッド穴にヘアピンコッターを、忘れずに取り付けてください。トラクションユニットを外している時は、必ずヘアピンコッターをロッドの端の穴に差し込んでおいてください。

  5. 全部の昇降アームを完全に下降させる。

  6. 昇降アームのピボットヨークからリンチピンを外す。そして、キャップを外す(図 7)。

    g003975
  7. フロントに取り付けるカッティングユニットは、昇降アームの下に入れるときにキャリアフレームのシャフトを昇降アームのピボットヨークに挿入する(図 8)。

    g003977
  8. 刈高が 19 mm を超える場合、後カッティングユニットは以下の手順で調整してください。

    1. 昇降アームピボットのシャフトを昇降アームに固定しているリンチピンとワッシャを外し、昇降アームからピボットのシャフトを抜き出す(図 9)。

      g003979
    2. 昇降アームのヨークをキャリアフレームのシャフトに通す (図 8)。

    3. 昇降アームのシャフトを昇降アームに通して、ワッシャとリンチピンで固定する (図 9)。

  9. キャリアフレームシャフトと昇降アームヨークの上からキャップを取り付ける。

  10. スナッパピンを使って、キャップとキャリアフレームのシャフトを昇降アームのヨークに固定する(図 7)。

    Note: カッティングユニットをステアリングモードで使う場合はスロットを使い、固定モードで使用する場合には、穴を使う。.

  11. スナッパピンで、昇降アームのチェーンをチェーンブラケットに固定する (図 10)。

    Note: カッティングユニットのオペレーターズマニュアルに従って、決められたリンクを使用すること。

    g003948
  12. リールモータのスプラインシャフトにきれいなグリスを塗りつける。

  13. リールモータのOリングにオイルを塗りつけ、モータのフランジに取り付ける。

  14. モータを手に持ち、右回りにひねってモータのフランジをボルトから逃がしながら、キャップスクリュにモータをセットする(図 11)。

    Note: モータを左回りにひねってボルトにフランジをしっかりと掛け、ボルトを締めてモータを固定する。

    Important: リールモータの各ホースにねじれ、折れ、挟まれなどがないことを確認する。

    g027140

仕上げキットを取り付ける

この作業に必要なパーツ

仕上げキット 1

Important: リールモータのホースをひねったり、折ったり、挟んだりせずに正しく取り付けられるように、カッティングユニットにモータを取り付けてからホースを取り付けるようにしてください。

  1. フレームの左前コーナー (4 番カッティングユニットの位置)の、バルクヘッドブラケットをマシンに固定しているボルトについている余分のフランジナットを取り外す (図 12)。

  2. 仕上げキットのホースフィッティングについているナットをゆるめ、ホースをバルクヘッドブラケットのスロットに差し込んでナットを締める。

    Note: ナットを締め付ける時、ホースが回転しないように必ずレンチを使ってホースを固定した状態で締め付けてください。

  3. バルクヘッド取り付けボルトにコネクタプレートを通す。コネクタは 図 12に示すように通す。

  4. 先ほど取り外したフランジナットを使って、コネクタプレートを取り付けボルトの1本に固定する。

  5. マシンのワイヤハーネスについているプラグを、仕上げキットのコネクタに接続する。

    g027210
  6. 残りのバルクヘッド (4個) についても同じ作業を行う。 図 13-図 16を参照。

    Important: 各ホースが無理なく(ひねらない、折らない)取り付けられるように、残り4ヶ所のコネクタプレートの位置はそれぞれ異なっていますから図を参考に注意して取り付けてください。

    g027129
    g027211
    g032153
    g027209

ターフ補正スプリングを調整する

ターフ補正スプリング(図 17)は、カッティングユニットの前から後ろへの「体重移動」を行う働きがあります。これにより、マーセリングやボビングと呼ばれる「波打ったような」仕上がりを防いでいます。

Important: この調整は、カッティングユニットをトラクタに取り付け、ユニットを真っ直ぐ前に向けて地面に降ろした状態で行ってください。

  1. スプリングロッドの後穴にヘアピンコッターを忘れずに取り付けてください(図 17)。

    g003863
  2. スプリングロッド前部の六角ナットを締めて、スプリング(圧縮状態)の長さが以下の通りになるようにする:5" カッティングユニットでは 12.7 cm;7" カッティングユニットでは 15.9 cm(図 17)。

    Note: アップダウンの激しい場所で使用する時には、スプリングの長さを 12.7 mmに調整してください。地表追従性が若干下がります。

フードにCE用のラッチを取り付ける

この作業に必要なパーツ

フードラッチアセンブリ1
ワッシャ1
  1. ラッチを外してフードを開ける。

  2. フードの左側についているゴム製のハトメを取り外す(図 18)。

    g027072
  3. フードラッチアセンブリからナットを取り外す(図 19)。

    g003946
  4. フードの外側から、ラッチのフック側をフードの穴に通す。ゴム製のシールワッシャが、フードの外側に残るようにすること。

  5. フードの内側から、ラッチに金属ワッシャを通し、ラッチをナットで固定する。ロックをかけたときに、ラッチがフレームのキャッチに確実にはまることを確認する。フードのラッチを操作するときには、付属のフードラッチ用キーを使用する。

カッティングユニットのキックスタンドの使い方

この作業に必要なパーツ

カッティングユニットのキックスタンド1

ベッドナイフやリールを見るためにカッティングユニットを立てる場合には、ベッドバー調整ねじのナットが床面に接触しないように、カッティングユニットの後ろ側についているスタンドで支えてください(図 20)。

g003985

スタンドを立てたら、スナッパピンでキックスタンドをチェーンブラケットに固定します(図 21)。

g004144

CE デカルを貼り付ける

この作業に必要なパーツ

警告表示ステッカー1
CE 用ステッカー1
製造年表示ステッカー1

CE 規格に適合させる必要がある場合は、製造年デカル(P/N 133-5615)をシリアルプレートの近くに、CE デカル(P/N 93-7252)をフードロックの近くに、CE 警告デカル(P/N 133-2931)を標準警告デカル(Part No. 133-2930)の上から貼り付けてください。

製品の概要

g260768

座席調整ノブ

座席調整レバー(図 23)は、運転席の前後位置の調整を行います。体重調整ノブで、オペレータの体重に合わせて調整を行えます。適正位置に調整されると体重ゲージインジケータに表示が出ます。高さ調整ノブで、オペレータの慎重に合わせて調整を行えます。

g003954

走行ペダル

走行ペダル(図 24)は前進走行と後退走行を制御します。ペダル前部を踏み込むと前進、後部を踏み込むと後退です。走行速度はペダルの踏み込み具合で調整します。スロットルが FAST 位置にあり、負荷が掛かっていない状態でペダルを一杯に踏み込むと最高速度となります。

ペダルの踏み込みをやめると、ペダルは中央位置に戻り、走行を停止します。

刈り込み速度リミッタ

刈り込み速度リミッタ(図 24)を上位置にセットすると、事前にセットしてある刈り込み速度での走行になり、カッティングユニットが回転できるようになります。スペーサ1枚で、速度が 0.8km/h 変化します。ボルトの上側にセットするスペーサの数が多いほど、刈り込み速度は遅くなります。移動走行を行う時は、刈り込み速度リミッタを下位置に下げて解除すると全速力での走行が可能になります。

Note: エコノミーモードで刈り込む場合は、走行速度が少し遅くなります。通常モードでの刈り込みと同じ速度にするには、スペーサを1枚減らしてください。

ブレーキペダル

ブレーキペダル(図 24)を踏み込むと車両は停止します。

駐車ブレーキ

駐車ブレーキ(図 24)を掛けるには、ブレーキペダルを踏み込み、ペダルの上部についているラッチを踏み込みます。ブレーキを解除するには、ラッチが落ちるまでペダルを踏み込みます。

g003955

チルト調整ペダル

ハンドルを手前に寄せたい場合には、ペダル(図 24)を踏み込み、ステアリングタワーを手前に引き寄せ、ちょうど良い位置になったら、ペダルから足を離します。

エンジン速度スイッチ

エンジン速度スイッチは、2つのエンジン速度モードを切り換えます(図 25)。スイッチを軽くたたくと、エンジン速度を100rpmずつ増加または減少させることができます。スイッチの端を押し下げてそのまま保持すると、エンジン速度は自動的にハイアイドルまたはローアイドルになります。

g021208

キースイッチ

キースイッチ(図 25)には3つの位置があります: OFF、ON/PREHEAT、STARTです。

カッティングユニット操作レバー

このレバー(図 25)は、リールが刈り込みモードになっているとき、カッティングユニットの昇降操作と回転開始・停止操作を制御するレバーです。カッティングユニット昇降レバーが移動走行位置にセットされているときには、カッティングユニットを下降させることができません。

ヘッドライトスイッチ

ヘッドライトスイッチ(図 25)を下げるとヘッドライトが点灯します。

回転許可/禁止スイッチ

リール回転許可/禁止スイッチ(図 25)とカッティングユニット昇降レバーとを使って刈り込みを行います。

電源ソケット

電源ソケットから、電動機器用に12 Vの電源をとることができます(図 26)。

g004133

カッティングユニットへの給電を遮断する

カッティングユニットの取り付け、取り外し、整備などを行う際には、必ずその前に、カッティングユニットへの給電コネクタを外して、カッティングユニットに対する給電を停止してください(図 27);コネクタは、座席下にあります。マシンを使用するときには、コネクタを接続してください。

g027134

注意

カッティングユニット給電遮断カップラ部で電源を遮断しないと、誰でもいつでもカッティングユニットを始動させることができ、手や足に大怪我を負う危険がある。

カッティングユニットの整備などを行う際には、必ずその前に、カッティングユニット給電遮断コネクタ部で電源を遮断すること。

インフォセンターLCDの使い方

インフォセンターLCDディスプレイは、マシンの運転状態、故障診断など)の情報を表示します(図 28)。インフォセンターには複数の画面があります。インフォセンターの任意のボタンを押して矢印ボタンで選択することによって、いつでも表示画面を切り替えることができます。

g020650
  • 左ボタン、メニューアクセス/バックボタン:このボタンを押すと、インフォセンターのメニューが表示されます。メニュー表示中にこれを押せばメニューを終了します。

  • 中央ボタン:メニューを下にスクロールするときに使います。

  • 右ボタン:右向き矢印が表示されたとき、その先にあるメニュー項目を見るために使用します。

Note: 各ボタンの機能はメニューの内容によって、変わります。各ボタンについて、その時の機能がアイコンで表示されます。

インフォセンターのアイコン

SERVICE DUE(定期整備時期です)定期整備時期であることを示します
Graphicアワーメータ
Graphic情報アイコン
Graphic高速
Graphic低速
Graphic燃料レベル
Graphicグロープラグが作動中。
Graphicカッティングユニット上昇。
Graphicカッティングユニット下降。
Graphic運転席に座る。
Graphic駐車ブレーキが掛かっている。
Graphicレンジが高速(移動走行位置)
Graphicニュートラル
Graphicレンジが低速(刈り込み位置)
Graphic冷却水温度(°C または °F)
Graphic温度(高温)
GraphicPTOが入
Graphic不許可
Graphicエンジンを掛ける。
Graphicエンジンを止める。
Graphicエンジン
Graphicキースイッチ
Graphicバッテリー
Graphicモータ/ジェネレータ(充電していない)
Graphicモータ/ジェネレータ(充電中)
Graphic電動リール
Graphic前バックラップ
Graphic後バックラップ
Graphicカッティングユニット下降中
Graphicカッティングユニット上昇中
GraphicPIN 暗証コード
GraphicCAN バス
Graphicインフォセンター
Graphic不良または故障
Graphic電球
GraphicTEC コントローラまたはコントロールワイヤハーネスからの出力
Graphicスイッチ
Graphicスイッチから手を離してください。
Graphic示された状態へ変更。
表示記号を組み合わせた文章が表示されます。以下に文章の例を示します 
Graphicニュートラルにしてください。
Graphicエンジンの始動許可がおりません。
Graphicエンジンをシャットダウンします
Graphic冷却液が過熱しています。
Graphic着席するか駐車ブレーキをかけてください

メニューの使い方

インフォセンターのメニューにアクセスするには、メニュー画面が表示されているときにメニューアクセスボタンを押します。ボタンを押すとメインメニューが表示されます。各メニューにおいてどのような内容が表示されるかは、以下の表をご覧ください。

メインメニュー
メニュー項目内容
Faults(不具合)不具合メニューには、最近に記録された不具合が表示されます。不具合メニューおよびその内容の詳細については、サービスマニュアルを参照するか、弊社ディストリビュータにお問い合わせください。
Service(整備)整備メニューでは、使用時間積算記録などの情報を見ることができます。
Diagnostics(診断機能)診断メニューでは、各スイッチ、センサー、制御出力の状態が表示されます。どのコントロール装置がONになっており、どれがOFFになっているかが表示されますから、故障探究を手早く行うことができます。
Settings(設定)設定メニューではインフォセンターの表示や機械の設定を変更することができます。
About(マシンについて)このメニュー項目では、モデル番号、シリアル番号、ソフトウェアのバージョンなどを確認することができます。
Service(整備)
メニュー項目内容
Hours(運転時間)マシン、エンジン、リール、およびPTOが使用されていた時間およびマシンが移動走行していた時間と定期整備までの時間が記録されており、これらを確認することができます。
Counts(回数)マシンに発生した様々な事象の回数を表示します。
Diagnostics(診断機能)
メニュー項目内容
Cutting Units(カッティングユニット)カッティングユニットを上昇・下降させるための入力、許可、出力の状態を表示します。
Hi/Low Range(速度レンジ)移動走行モードで運転を行うための入力、許可、出力の状態を表示します。
PTOPTO回路を作動させるための入力、許可、出力の状態を表示します。
Engine Run(エンジン作動)エンジンを始動させるための入力、許可、出力の状態を表示します。
Backlap(バックラップ)バックラップを行うための入力、許可、出力の状態を表示します。
Settings(設定)
メニュー項目内容
Units(単位)インフォセンターで表示される項目の単位を選択することができます。ヤードポンド系またはメートル系から選択します。
Language(言語)インフォセンターの表示に使う言語を選択することができます*。
LCD Backlight(バックライト)LCD 表示の明るさを調整します。
LCD Contrast(コントラスト)LCD 表示のコントラストを調整します。
Front Backlap Reel Speed(前ユニットのバックラップ速度)前方ユニットのバックラップ時のリール速度を設定します。
Rear Backlap Reel Speed(後ユニットのバックラップ速度)後方ユニットのバックラップ時のリール速度を設定します。
Protected Menus(保護項目)スーパーインテンデントや整備士のための情報で、パスワードを入力すると見ることができます。
オートアイドルマシンの運転操作をしていない状態から自動的にアイドリングに移行するまでの時間の長さを設定します。
Blade Count(刃数)リール速度を計算するために必要な刃数です
Mow Speed(刈込速度)リール速度を決定するために必要な走行速度です。
Height of cut (HOC:刈高)リール速度を決定するために必要な刈高です。
F Reel RPM(前リール速度)前リールの回転速度(計算値)を表示します。リール速度は手動で調整することもできます。
R Reel RPM(後リール速度)後リールの回転速度(計算値)を表示します。リール速度は手動で調整することもできます。
エコノミーモード刈り込み中のエンジン速度を下げて騒音を少なくし、燃費を向上させます。リール速度は変わりませんが、刈り込み速度は遅くなります(速度ストップの設定で調整可能です)。

* 「オペレータ向け」のメッセージのみが翻訳表示されます。故障、整備、診断の画面は「整備士向け」メッセージです。タイトルは選択された言語で表示されますが、本文は英語表示となります。

About (マシンについて)
メニュー項目内容
Model(モデル)マシンのモデル番号を表示します。
SN(シリアル番号)マシンのシリアル番号を表示します。
Machine Controller Revision(コントローラ改訂番号)マスターコントローラのソフトウェアの改訂番号を表示します。
CU 1CU 2CU 3CU 4CU 5各カッティングユニットのソフトウェアの改訂番号を表示します。.
ジェネレータモータ/ジェネレータのソフトウェアの改訂番号を表示します。.
InfoCenter Revision(インフォセンターの改定番号)インフォセンターのソフトウェアの改訂番号を表示します。
CAN Bus(バス)マシン内部の通信状態を表示します。

Protected Menus(保護項目)

インフォセンターの「設定」メニューにはあと2つの表示画面があり、変更可能な項目は7つあります:オートアイドル、刃数、刈り込み速度、刈高、前リール速度、後リール速度、エコノミーモードです。これらの設定は、「パスワード保護メニュー」で保護することができます。

Note: 納品時のパスワードは、代理店にて設定しています。

保護された設定およびその表示画面へのアクセス

保護された設定およびその表示画面にアクセスするには

  1. メインメニューから、下へスクロールしていくと設定メニュー(Settings)がありますから、ここで右ボタンを押します。

  2. 「設定メニュー」で、下へスクロールしていくと保護メニュー(Protected Menus)がありますから、ここで右ボタンを押します。

  3. パスワードを入力するには、中央ボタンを押して最初の桁へ移動します。その後に右ボタンを押すと次の桁へ移動します。

  4. 中央ボタンを押して2番目の桁の入力を行い、その後に右ボタンを押すと次の桁へ移動します。

  5. 中央ボタンを押して3番目の桁の入力を行い、その後に右ボタンを押すと次の桁へ移動します。

  6. 中央ボタンを押して4番目の桁の入力を行い、その後に右ボタンを押します。

  7. 中央ボタンを押してコードを入力します。

  8. コードが受け付けられて保護メニューが開くと、画面右上の部分に PIN という表示が現れます。

Note: パスワードを忘れてしまった場合には、代理店にご連絡ください。

「パスワード保護メニュー」を閲覧・設定変更するには

  1. 「保護メニュー」から下へスクロールして「設定を保護」(Protect Settings)へ進みます。

  2. パスワードを入力せずに「パスワード保護メニュー」を閲覧・設定変更できるようにするには、右ボタンで Protect Settings を OFFにします。

  3. パスワードを入力しないと「パスワード保護メニュー」を閲覧・設定変更できないようにするには、左ボタンで設定を ONに変更し、パスワードを設定し、エンジン始動キーをOFF にしてからもう一度 ON にしてください。

オートアイドル(Auto Idle)の設定方法

  1. 設定メニュー(Settings Menu)にて下へスクロールすると「オートアイドル(Auto Idle)」があります。

  2. 右ボタンを使って、オートアイドル時間を、OFF, 8S, 10S, 15S, 20S, および 30S から選択します。

刃数の設定方法

  1. 設定メニュー(Settings Menu)下へスクロールすると「Blade Count」があります。

  2. 右側のボタンを使用して、刃数を 5、8 または 11 から選択してください。

刈り込み速度の設定方法

  1. 「設定メニュー」にて、下へスクロールすると「Mow Speed」があります。

  2. 右側のボタンを使用して、これを選択してください。

  3. 中央の右側のボタンを使って、走行ペダルの速度リミッタに、適当な刈り込み速度を設定してください。

  4. 設定が終了したら左ボタンを押すと、設定内容を保存して設定が終了します。

刈高の設定方法

  1. 設定メニュー(Settings Menu)下へスクロールすると「HOC」があります。

  2. 右側のボタンを使用して、刈高を選択してください。

  3. 中央の右側のボタンを使って、適当な刈高を設定してください。(ご希望の通りの刈高が表示されない場合には、表示されている数値の中から最も近いものを選んでください)。

  4. 設定が終了したら左ボタンを押すと、設定内容を保存して設定が終了します。

前後のリール速度の設定方法

前後のリールの速度は、刃数、刈り込み速度および刈高からインフォセンターが自動的に計算しますが、いろいろな刈り込み条件に対応するために速度設定を手動で変更することができるようになっています。

  1. リール速度設定を変更するには、 F Reel RPM、R Reel RPM またはその両方までスクロールしてください。

  2. 右側のボタンを使用して、リール速度を変更してください。設定の変更をしているとき、ディスプレイには、刃数、刈り込み速度および刈高に基づいて計算された以前と同じリール速度が表示されていますが、新しく入力した値も表示されます。

エコノミーモードの設定方法

  1. メインメニューから、中央ボタンで下へスクロールして「設定」メニューへ行きます。

  2. 右側のボタンを押して選択します。

  3. 「設定」メニューから、中央ボタンで下へスクロールして「エコノミーモード」へ行きます。

  4. 右側のボタンを使用して、ONを選択してください。

  5. 設定が終了したら左ボタンを押すと、設定内容が保存され設定が終了します。

保護された設定の画面へのアクセス方法

メイン画面から、中央ボタンを1回押します。ボタンの上に矢印が表示されたらもういちど中央ボタンを押して、下へスクロールしてください。

もういちど中央ボタンを押すと、電動リール情報画面が表示され、5本のカッティングユニットそれぞれのリール電流および速度が表示されます。

もういちど中央ボタンを押すと、エネルギーモード表示画面となり、各機器のエネルギーフローと方向(作動中の場合)が表示されます。

Note: 仕様および設計は予告なく変更される場合があります。

移動走行時の幅:228 cm
刈幅254 cm
長さ282 cm
高さ(ROPSを含む)160 cm
ウェイト1259 kg
エンジンクボタ 24.8 hp
燃料タンク容量53 リットル
移動走行速度0-16 km/h
刈込速度0-13 km/h

アタッチメントとアクセサリ

トロが認定した各種のアタッチメントやアクセサリがそろっており、マシンの機能をさらに広げることができます。 詳細は弊社の正規サービスディーラ、または代理店へお問い合わせください;弊社のウェブサイト www.Toro.com でもすべての認定アタッチメントとアクセサリをご覧になることができます。

いつも最高の性能と安全性を維持するために、必ずToroの純正部品をご使用ください。他社の部品やアクセサリを御使用になると危険な場合があり、製品保証を受けられなくなる場合がありますのでおやめください。

運転操作

Note: 前後左右は運転位置からみた方向です。

運転の前に

運転前の安全確認

安全に関する一般的な注意

  • 子供やトレーニングを受けていない大人には、絶対に運転や整備をさせないでください。地域によっては機械のオペレータに年齢制限を設けていることがありますのでご注意ください。オーナーは、オペレータ全員にトレーニングを受講させる責任があります。

  • 安全な運転操作、各部の操作方法や安全標識などに十分慣れておきましょう。

  • 各部の調整、整備、洗浄、格納などは、必ずエンジンを停止させ、キーを抜き取り、各部が完全に停止し、機体が十分に冷えてから行ってください。

  • エンジンの緊急停止方法に慣れておきましょう。

  • ガードなどの安全保護機器が正しく機能していない時は、運転しないでください。

  • 使用前に必ず、カッティングユニットの点検を行ってください。

  • これから機械で作業する場所をよく確認し、機械に巻き込まれそうなものはすべて取り除きましょう。

燃料についての安全事項

  • 燃料の取り扱いに際しては安全に特にご注意ください。燃料は引火性が高く、気化すると爆発する可能性があります。

  • 燃料取り扱い前に、引火の原因になり得るタバコ、パイプなど、すべての火気を始末してください。

  • 燃料の保管は必ず認可された容器で行ってください。

  • エンジン回転中などエンジンが高温の時には、燃料タンクのふたを開けたり給油したりしないでください。

  • 締め切った場所では燃料の補給や抜き取りをしないでください。

  • ガス湯沸かし器のパイロット火やストーブなど裸火や火花を発するものがある近くでは、機械や燃料容器を保管・格納しないでください。

  • 燃料がこぼれたら、エンジンを始動せずにマシンを別の場所に動かし、気化した燃料ガスが十分に拡散するまで引火の原因となるものを近づけないでください。

毎日の整備作業を実施する

整備間隔整備手順
使用するごとまたは毎日
  • シートベルトに摩耗や傷がないか点検する。一部でも正常に機能しないシートベルトは交換する。
  • 毎日の運転前に、に記載されている「使用ごと/毎日の典型整備」を行ってください。

    燃料を補給する

    燃料タンク容量

    53 リットル

    燃料についての仕様

    硫黄分の少ない(微量:500ppm 未満、または極微量:15ppm 未満)の新しい軽油またはバイオディーゼル燃料以外は使用しないでください。セタン値が 40以上のものをお使いください。燃料の劣化を避けるため、180日以内に使いきれる程度の量を購入するようにしてください。

    気温が -7℃ 以上では夏用燃料(2号軽油)を使用しますが、気温が -7℃ 以下の季節には冬用燃料(1号軽油または1号と2号の混合)を使用してください。低温下で冬用ディーゼル燃料を使うと、発火点や流動点が下がってエンジンが始動しやすくなるばかりでなく、燃料の成分分離(ワックス状物質の沈殿)によるフィルタの目詰まりを防止できるなどの利点があります。

    気温が -7° 以上の季節には夏用燃料を使用する方が、燃料ポンプの寿命を延ばします。

    Important: ディーゼル燃料の代わりに灯油やガソリンを使わないでください。この注意を守らないとエンジンが損傷します。

    バイオディーゼル燃料対応

    この機械はバイオディーゼル燃料を混合したB20燃料(バイオディーゼル燃料が20%、通常軽油が80%)を使用することができます。ただし、通常軽油は硫黄分の少ない、または極微量のものを使ってください。以下の注意を守ってお使いください。

    • バイオディーゼル成分が ASTM D6751 または EN 14214 に適合しているものを使用してください。

    • 混合後の成分構成が ASTM D975 または EN 590 に適合していること。

    • バイオディーゼル混合燃料は塗装部を傷める可能性がある。

    • 寒い地方ではB5(バイオディーゼル燃料が5%)またはそれ以下の製品を使用すること。

    • 時間経過による劣化がありうるので、シール部分、ホース、ガスケットなど燃料に直接接する部分をまめに点検すること。

    • バイオディーゼル混合燃料に切り替えてからしばらくの間は燃料フィルタが目詰まりを起こす可能性があります。

    • バイオディーゼル燃料についてのより詳細な情報は代理店におたずねください。

    燃料を補給する

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 燃料タンクの補給口付近をよごれのないウェスできれいにぬぐう。

    3. 燃料タンクのキャップ(図 29)を取る。

      g021210
    4. 補給管の下まで軽油を入れる。

    5. 給油が終わったら燃料タンクのキャップをしっかりとしめる。

      Note: 可能であれば、作業後に毎回燃料を補給しておくようにしてください。これにより燃料タンク内の結露を少なくすることができます。

    慣らし運転期間

    駐車ブレーキの性能を最大限に発揮させるために、実際の使用前にブレーキの「慣らし掛け」をおこなってください。前進走行速度を、6.4km/h (後退速度と同じ) にセットします(8枚のスペーサを全部刈り込み速度コントロールの上側へ移動)。エンジンをハイアイドルにセットし、刈込速度コントロールを入れた状態で、ブレーキを15秒間踏み込みます。同様に、全速力で後退走行した状態でブレーキを15秒間踏み込みます。これを5回繰り返します。前進1回、後退1回の後、1分間の休憩をはさんでください。この後、必要に応じてブレーキを調整してください; 駐車ブレーキの調整を参照。

    燃料系統からのエア抜き

    以下の場合には、エンジンを始動する前に燃料システムのエア抜きを実施する必要があります:

    • 新車を初めて始動する時。

    • 燃料切れでエンジンが停止した後に再始動する時

    • 燃料系統の整備作業、例えばフィルタ交換、セパレータの洗浄などを行った後

    危険

    軽油は条件次第で簡単に引火・爆発する。発火したり爆発したりすると、やけどや火災などを引き起こす。

    • 燃料補給は必ず屋外で、エンジンが冷えた状態で行う。こぼれた燃料はふき取る。

    • 燃料タンク一杯に入れないこと。給油は燃料タンクの首の根元から 6-13 mm 程度下までとする。これは、温度が上昇して燃料が膨張したときにあふれないように空間を確保するためである。

    • 燃料取り扱い中は禁煙を厳守し、火花や炎を絶対に近づけない。

    • 安全で汚れのない認可された容器で保存し、容器には必ずキャップをはめること。

    1. 平らな場所に駐車し、燃料タンクに半分以上の燃料が残っていることを確認する。

    2. フードを開ける。

    3. 燃料噴射ポンプ(図 30)についているエア抜きネジを、12mmのレンチを使って開く。

      g003993
    4. キーを ON 位置に回す。電動燃料ポンプが作動を開始し、エア抜きねじの周囲からエアが漏れ出てくるのが確認される。ねじから燃料が連続的に流れるのが見えるまでキーを ON 位置に保持します。

    5. エア抜きねじを締め付け、始動キーを OFF 位置に戻す。

    Note: 通常は、上記のエア抜き操作でエンジンが始動できるようになります。始動できない時は、噴射ポンプとインジェクタの間にエアが入っている可能性があります;燃料インジェクタからのエア抜きを参照してください。

    運転中に

    運転中の安全確認

    安全に関する一般的な注意

    • オーナーやオペレータは自分自身や他の安全に責任があり、オペレータやユーザーの注意によって物損事故や人身事故を防止することができます。

    • 作業にふさわしい服装をし、安全めがね、長ズボン、頑丈で滑りにくい安全な靴、および聴覚保護具を着用してください。長い髪は束ねてください。ゆるい装飾品やだぶついた服は身に着けないでください。

    • 疲れている時、病気の時、アルコールや薬物を摂取した時は運転しないでください。

    • この機械を運転する時は常に十分な注意を払ってください。運転中は運転操作に集中してください;注意散漫は事故の大きな原因となります。

    • エンジンを掛ける前に、全部の駆動装置がニュートラルであること、駐車ブレーキが掛かっていることを確認し、運転席に着席してください。

    • 人を乗せないでください。また、作業中は周囲から人やペットを十分に遠ざけてください。

    • 運転は、穴や障害物を確認できる十分な照明のもとで行ってください。

    • ぬれた芝の刈り込みは避けてください。接地力が落ちてスリップする危険が高くなります。

    • カッティングユニットに手足を近づけないでください。

    • バックするときには、足元と後方の安全に十分な注意を払ってください。

    • 見通しの悪い曲がり角や、茂み、立ち木などの障害物の近くでは安全に十分注意してください。

    • 刈り込み中以外は必ずカッティングユニットを止めておいてください。

    • 旋回するときや道路や歩道を横切るときなどは、減速し周囲に十分な注意を払ってください。常に道を譲る心掛けを。

    • 排気ガスが充満するような締め切った場所では絶対にエンジンを運転しないでください。

    • エンジンを掛けたままで絶対に機体から離れないでください。

    • 運転位置を離れる前に(集草バッグを空にする場合やカッティングユニットの詰まりを除去する場合も):

      • 平らな場所に停車してください。

      • カッティングユニットを停止させ、アタッチメントを降下させる。

      • 駐車ブレーキを掛ける。

      • エンジンを止め、キーを抜き取る。

      • すべての動作が停止するのを待つ。

    • 機械の運転は十分な視界の確保ができる適切な天候条件のもとで行ってください。落雷の危険がある時には運転しないでください。

    横転保護バー(ROPS)についての安全確認

    • POPS 構成物は一切機体から外さないでください。

    • 必ずシートベルトを着用し、緊急時にはシートベルトを迅速に外せるよう練習しておいてください。

    • 運転時には必ずシートベルトを着用してください。

    • 頭上の障害物に注意し、これらに衝突しないように注意してください。

    • ROPS自体に損傷がないか、また、取り付け金具がゆるんでいないか、定期的に十分に点検を行い、万一の際に確実に役立つようにしておいてください。

    • ROPS が破損した場合はすべて新しいものに交換してください。修理したり改造しての使用はしないでください。

    斜面での安全確保

    • 斜面はスリップや転倒などを起こしやすく、これらは重大な人身事故につながります。斜面での安全運転はオペレータの責任です。どんな斜面であっても、通常以上に十分な注意が必要です。

    • 斜面については、実地の測定を含めてオペレータ自身が調査を行い、安全に作業ができるかどうかを判断してください。この調査においては、常識を十分に働かせてください。

    • 以下に挙げる、斜面で運転する場合の安全上の注意を必ず読んで内容をしっかり理解してください。実際に運転する前に、現場の状態をよく観察し、その日その場所でこのマシンで安全に作業ができるかどうかを判断してください。同じ斜面上であっても、地表面の条件が変われば運転条件が変わります。

      • 斜面での発進・停止・旋回は避けてください。急に方向を変えたり急な加速やブレーキ操作をしないでください。旋回は速度を落としてゆっくりと行ってください。

      • 走行、ステアリング、安定性などに疑問がある場合には運転しないでください。

      • 隠れた穴、わだち、盛り上がり、石などの見えない障害は、取り除く、目印を付けるなどして警戒してください。深い芝生に隠れて障害物が見えないことがあります。不整地では機体が転倒する可能性があります。

      • ぬれ芝、急斜面など滑りやすい場所で運転すると滑って制御できなくなる危険があります。

      • 段差、溝、盛り土、水などの近では安全に十二分の注意を払ってください。万一車輪が段差や溝に落ちたり、地面が崩れたりすると、機体が瞬時に転倒し、非常に危険です。必ず安全距離を確保してください。

      • 斜面に入る前に、安全の判断をしてください。乗用の刈り込み機械で斜面を刈り込むことに危険が感じられる場合は歩行型の機械をお使いください。

      • 斜面では可能なかぎりカッティングユニットを地表面まで下げておいてください。斜面上でカッティングユニットを上昇させると機体が不安定になる恐れがあります。

    エンジンの始動手順

    Important: エンジンを始めて始動するとき、燃料切れによってエンジンが停止したとき、燃料系統の整備作業を行った後では、燃料系統からのエア抜きを行う必要があります。燃料系統からのエア抜きを参照してください。

    1. 着席し、足を走行ペダルから離してペダルをニュートラル位置とし、駐車ブレーキが掛かっていることを確認し、エンジン速度スイッチを FAST位置にセットし、リール回転許可スイッチ(Enable/Disable)が回転禁止になっていることを確認する。

    2. キーを ON/PREHEAT 位置に回す。

      自動タイマーが作動して、約6秒間の予熱が行われる。

    3. グローランプが消えたら、キーをSTART位置に回す。

      スタータモータは15秒間以上連続で作動させないようにすること。エンジンが始動したら、キーから手を離す。予熱が不足している場合には、キーを一旦 OFF 位置に戻し、もう一度 ON/PREHEAT 位置に回す。必要に応じてこの操作を繰り返す。

    4. エンジンが温まるまで、低速で暖機運転する。

    エンジンの停止手順

    1. すべてのコントロールをニュートラルに戻し、駐車ブレーキを掛け、スロットルをローアイドルにしてエンジンの回転速度を下げる。

      Important: 高負荷で運転した後は、エンジンを停止させる前に5 分間程度のアイドリング時間をとってください。これを怠るとターボチャージャ付きのエンジンではトラブルが発生する場合があります。

    2. 始動キーを OFF 位置に回して、抜き取る。

    リール回転速度の設定を行う

    一定で、クオリティの高いカットを行い、均一な刈り上がり(見栄え)を作るには、リール速度を正しく設定しておく必要があります。リール速度は以下の手順で調整します:

    1. インフォセンターの「設定メニュー」から blade count、mow speed、HOC に入ってリール速度計算値の表示を見る。

    2. 更に調整が必要な場合は、「設定メニュー」で F Reel RPM、R Reel RPM またはその両方までスクロールする。

    3. 右側のボタンを使用して、リール速度を変更する。設定の変更をしているとき、ディスプレイには、刃数、刈り込み速度および刈高に基づいて計算された以前と同じリール速度が表示されているが、新しく入力した値も表示される。

      Note: ターフの条件に合わせて、リールの回転速度を変えて構わない。

    g031995
    g031996

    昇降アームのカウンタバランスを調整する

    凹凸の激しいターフで一定の刈高にカット、サッチが厚くたまっているターフで削らないように刈るなど、様々なターフ条件に合わせて、後カッティングユニットの昇降アームについているカウンタバランスを調整することができます。

    各カウンタバランスを、4種類の設定のうちの1つに設定してください。位置を1目盛り変えるごとに、カウンタバランスの重量効果が2.3 kg変わります。カウンタバランスをゼロにしたい場合には、スプリングを第1スプリングアクチュエータの裏側(第4番目の位置)にセットしてください。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. スプリングの長い方の端部にチューブのようなものを取り付けて、スプリングアクチュエータの周囲に巻きつけるようにして希望位置にセットする(図 33)。

      注意

      スプリングには強い張力がかかっており、不用意に取り扱うとけがをする。

      スプリングを調整する時には十分注意すること。

      g019276
    3. もう一方のスプリングにも同じ作業を行う。

    昇降アームの旋回位置を調整する

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 昇降アームのスイッチは、油圧のメインタンクの下にある右前昇降アームの後ろ側に装着されている(図 34)。

    3. スイッチの取り付けねじをゆるめ、スイッチの位置を下げると、昇降アームの旋回高さが高くくなり、上げると、昇降アームの旋回高さが低くなる(図 34)。

      g012154
    4. 取り付けボルトを締め付ける。

    診断ランプについて

    このマシンには故障診断用ランプが付いており、電気系統の異常を探知するとそれを知らせます。故障診断ランプはインフォセンター(表示画面の上)についています(図 35)。マシンが適切に作動している場合には、キースイッチをON/RUN位置にすると、コントローラの診断ランプが短時間点灯し、ランプが正常に作動していることを示します。アドバイスメッセージが表示されると、ランプが点灯してメッセージがあることを知らせます。故障メッセージが表示された場合にはランプが点滅し、その故障が解消されるまで点滅を続けます。

    g021272

    インタロックスイッチの動作を点検する

    インタロックスイッチは、走行ペダルがニュートラル位置、リール回転スイッチが停止(回転禁止)位置、リールコントロールレバーがニュートラル位置の時にのみエンジンの始動を許可します。また、着席せずに、あるいは駐車ブレーキを掛けたままで走行ペダルが踏まれ場合にはエンジンを停止させます。

    注意

    インタロックスイッチは安全装置であり、これを取り外すと予期せぬ人身事故が起こり得る。

    • インタロックスイッチをいたずらしない。

    • 作業前にインタロックスイッチの動作を点検し、不具合があれば作業前に交換修理する。

    インタロックスイッチの機能点検手順

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • インタロックスイッチの動作を点検する。
    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. キーをON位置に回すが、エンジンは始動させない。

    3. インフォセンターの故障診断メニューから、確認すべきスイッチを探し出す。

    4. それぞれのスイッチを個別に ON/OFF 操作し(運転席に座る・立つを繰り返す、走行ペダルを踏み込む、など)、各スイッチが正常に作動しているかどうか確認する。

      Note: 各スイッチについて何度か繰り返し、動作不良がないことを確認する。

    5. スイッチが閉じているのにそれに対応する LED が点灯しない場合は、そのスイッチに関わる配線とスイッチ自身に異常がないかをテスターで調べる。

      Note: 不良個所は一カ所とは限らない。すべて修理する。

    Note: インフォセンターは、出力のチェック(ソレノイドやリレーに通電があるかどうか)を行うこともできます。これらにより、故障の原因が電気系にあるのか油圧系にあるのかを容易に判断することができます。

    出力機能のチェック手順

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. キーを ON 位置にしてエンジンを始動する。

    3. インフォセンターの故障診断メニューから、確認すべき出力内容を探し出す。

    4. 運転席に座り、 点検したい機能の操作を実際に行う

    Note: その機能の出力表示が変われば、ECMから適切に出力信号が出力されていると判断してよい。出力ランプが点灯しない場合には、その出力に必要な入力スイッチがすべて正常に作動しているかどうかを調べる。さらに、そのスイッチが正常に機能しているかを点検してください。出力表示に異常がないのに、マシンがその通りに動作しないという場合、その故障は電気系統以外の原因で発生している。必要に応じて修理する。

    ヒント

    運転操作に慣れる

    実際に芝刈りを始める前に、安全な場所で運転操作に十分慣れておいてください。エンジンの始動と停止、前進走行と後退走行、カッティングユニットの回転、停止、昇降動作などを十分に練習してください。操作に慣れてきたら、斜面の上り下りや速度を変えての運転も練習しましょう。

    警告システムについて

    作業中に警告灯が点灯したら、直ちに機械を停止し原因を確認してください。異常を放置したまま作業を続けると本機に重大な損傷を招く可能性があります。

    刈り込み

    エンジンを始動し、エンジン速度を FAST 位置にセットする。リール回転スイッチを回転許可にし、ジョイスティックでカッティングユニットの制御を行います(前ユニットは後ユニットより早く降下してきます。)走行ペダルを前進側に踏み込めば刈り込みが始まります。

    移動走行を行うとき

    芝刈りが終ったらリール回転スイッチを回転禁止とし、カッティングユニットを移動走行位置に上昇させます。刈り込み/移動走行切り替えレバーを移動走行にセットしてください。狭い場所を通り抜ける時、カッティングユニットをぶつけて損傷しないよう十分注意してください。斜面の通行には最大の注意を払ってください。また、転倒事故を防止するために、速度の出しすぎや急旋回に十分注意してください。下り坂ではハンドリングを安定させるためにカッティングユニットを下降させてください。

    運転終了後に

    運転終了後の安全確認

    安全に関する一般的な注意

    • エンジンを停止させ、キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

    • 火災防止のため、カッティングユニットや駆動部、マフラー、冷却スクリーン、エンジン構成品の周囲に、草や木の葉、ホコリなどが溜まらないようご注意ください。オイルや燃料がこぼれた場合はふき取ってください。

    • 格納保管中やトレーラで輸送中は、燃料バルブを閉じておいてください。

    • 移動走行時など、刈り込みなどの作業をしていない時には、アタッチメントの駆動を解除しておいてください。

    • 必要に応じてシートベルトの清掃と整備を行ってください。

    • ガス湯沸かし器のパイロット火やストーブなど裸火や火花を発するものがある近くでは、機械や燃料容器を保管・格納しないでください。

    ロープ掛けのポイント

    • 前:各前輪の内側、アクスルチューブの下にある四角いパッド (図 36

      g031851
    • 後:車両の左右側それぞれの後フレーム(図 37

      g027077

    ジャッキアップポイント

    Note: 必要に応じ、ジャッキなどを利用して機体を確実に支えてください。

    • 前:各前輪の内側、アクスルチューブの下にある四角いパッド(図 38)

      g031850
    • 後:後アクスルの四角いアクスルチューブ

    トレーラへの積み込み

    • 機械をトレーラやトラックに積み込む際には、機体と同じ幅のある歩み板を使用してください。

    • 車体が落下しないように確実に固定してください。

    緊急時の牽引移動

    緊急時には、油圧ポンプについているバイパスバルブを開いて本機を牽引または押して移動することができます。

    Important: トランスミッションを保護するために、牽引または押して移動する時の速度は、3-4.8 km/h 未満としてください。本機を押して或いは引いて移動させる場合には、必ずバイパスバルブを開く必要があります。

    1. バイパスバルブを右または左 1-1.5 回転させると内部でバイパスが形成される(図 39)。

      Note: バイパスバルブはハイドロスタットの左側にある。オイルをバイパスさせると、トランスミッションを破損することなく機械を押して移動できるようになる。

      g003995
    2. エンジンを掛ける時にはバルブを元通りに閉める。ただし、バルブの締め付けトルクが 7-11 N·m(0.7-1.1 kg.m = 5-8 ft-lb)を超えないようにすること。

      Important: バイパスバルブを開いたままでエンジンを回転させるとトランスミッションがオーバーヒートします。

    油圧バルブソレノイドの機能

    以下に油圧マニホルドにあるソレノイドの機能を示します。各機能ともソレノイドに通電したときに行われます。

    ソレノイド機能
    SVRVカッティングユニット上昇/下降
    SV1前カッティングユニット上昇/下降
    SV3後カッティングユニット上昇/下降
    SV2カッティングユニット上昇

    保守

    Note: 前後左右は運転位置からみた方向です。

    保守作業時の安全確保

    • 調整、清掃、整備、車両を離れる前などには以下を行ってください:

      • 平らな場所に駐車する。

      • スロットルスイッチを低速アイドル位置にセットする。

      • カッティングユニットを停止させる。

      • カッティングユニットを下降させる。

      • 走行ペダルがニュートラルになっていることを確認する。

      • 駐車ブレーキを掛ける。

      • エンジンを止め、キーを抜き取る。

      • すべての動作が停止するのを待つ。

      • 保守作業は、各部が十分冷えてから行ってください。

    • 可能な限り、エンジンを回転させながらの整備はしないでください。可動部に近づかないでください。

    • 必要に応じ、ジャッキスタンドなどで機体を確実に支えてください。

    • 機器類を取り外すとき、スプリングなどの力が掛かっている場合があります。

    • マシン各部が良好な状態にあり、ボルトナット類が十分にしまっているか常に点検してください。

    • 読めなくなったステッカーは貼り替えてください。

    • 機械の性能を完全に引き出し、かつ安全にお使いいただくために、交換部品は純正品をお使いください。他社の部品を御使用になると危険な場合があり、製品保証を受けられなくなる場合がありますのでおやめください。

    推奨される定期整備作業

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 1 時間
  • ホイールナットを 94-122 N·m(9.7-12.5 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。
  • 使用開始後最初の 8 時間
  • オルタネータベルトの磨耗と張りの点検を行う。
  • 使用開始後最初の 10 時間
  • ホイールナットを 94-122 N·m(9.7-12.5 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。
  • 使用開始後最初の 50 時間
  • エンジンオイルとフィルタの交換を行う。
  • エンジン速度を点検する(アイドル回転とフルスロットル)。
  • 使用するごとまたは毎日
  • シートベルトに摩耗や傷がないか点検する。一部でも正常に機能しないシートベルトは交換する。
  • インタロックスイッチの動作を点検する。
  • エンジンオイルの量を点検する。
  • 水セパレータから水や異物を流し出す。
  • タイヤ空気圧を点検する。
  • 冷却系統を点検する。
  • スクリーン、オイルクーラ、ラジエターの汚れを除去する。(汚れが激しければより頻繁な清掃が必要です)。
  • 油圧ラインとホースを点検する。
  • 油圧オイルの量を点検する。
  • リールとベッドナイフの摺り合わせを点検する。
  • 50運転時間ごと
  • ベアリングとブッシュのグリスアップを行う(洗浄後はすぐに行う。)
  • バッテリーを清掃、点検する。 (または週1回のうち早く到達した方の時期)。
  • バッテリーケーブルの接続状態を点検する。
  • 100運転時間ごと
  • 冷却系統のホースを点検する。
  • オルタネータベルトの磨耗と張りの点検を行う。
  • 150運転時間ごと
  • エンジンオイルとフィルタの交換を行う。
  • 200運転時間ごと
  • 燃料タンクと油圧オイルタンクにたまっている水を抜き取る。
  • 250運転時間ごと
  • ホイールナットを 94-122 N·m(9.7-12.5 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。
  • 400運転時間ごと
  • エアクリーナの整備を行う。エアクリーナのインジケータが赤色になったらその時点で整備を行う。ちりやほこりの非常に多い環境で使用しているときには頻繁な整備が必要となる。
  • 燃料ラインに劣化や破損、ゆるみが発生していないか点検する。(または1年に1回のうち早く到達した方の時期)。
  • 燃料フィルタのキャニスタは所定時期に交換してください。
  • エンジン速度を点検する(アイドル回転とフルスロットル)。
  • 800運転時間ごと
  • 燃料タンクを空にして内部を清掃します。
  • 後輪のトーインの点検を行う。
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合、代替品のオイルを使用した場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合や代替品のオイルを使用したことがある場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 後ホイールのベアリングにグリスパックを行う(2 輪駆動モデルのみ)。
  • エンジンバルブの調整を行う(エンジンマニュアルを参照のこと)。
  • 1000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 2000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルを交換してください。
  • 長期保管前
  • 燃料タンクを空にして内部を清掃します。
  • 2年ごと
  • 冷却系統の内部を洗浄し新しい冷却液に交換する。
  • 全部の可動部ホースを交換する。
  • 始業点検表

    このページをコピーして使ってください。

    点検項目第週
    インタロックの動作を点検する。       
    ブレーキの動作を確認する。       
    エンジンオイルと燃料の量を点検する。       
    冷却水の量を点検する。       
    燃料・水セパレータの水抜きを行う。       
    エアフィルタの整備時期表示を確認する。       
    ラジエター、オイルクーラ、スクリーンの汚れ具合を点検する。       
    エンジンから異常音がないか点検する。1       
    運転操作時に異常音がないか点検する。       
    油圧オイルの量を点検する。       
    油圧ホースの磨耗損傷を点検する。       
    オイル漏れなど。       
    タイヤ空気圧を点検する       
    計器類の動作       
    リールとベッドナイフの摺り合わせ       
    刈高の調整の点検。       
    グリスアップ。2       
    塗装傷のタッチアップ       

    1. 始動困難、大量の煙、咳き込むような走りなどが見られる場合はグロープラグと噴射ノズルを点検する。

    2. 車体を水洗いしたときは整備間隔に関係なく直ちにグリスアップする。

    要注意個所の記録

    点検担当者名:
    内容日付記事
    1  
    2  
    3  
    4  
    5  
    6  
    7  
    8  

    Important: エンジンの整備についての詳細はエンジンマニュアルを、カッティングユニットの整備にはカッティングユニットマニュアルを参照してください。

    Note: 配線図や油圧回路図はオンラインで入手可能ですwww.Toro.com。

    潤滑

    ベアリングとブッシュのグリスアップ

    整備間隔整備手順
    50運転時間ごと
  • ベアリングとブッシュのグリスアップを行う(洗浄後はすぐに行う。)
  • 全部のベアリングとブッシュにNo. 2汎用リチウム系グリスを注入します。

    グリスアップ箇所は以下の通りです:

    • ポンプ駆動シャフトのUジョイント(3ヶ所)(図 40

      g027142
    • 昇降アームのシリンダ(各カッティングユニットの2ヶ所)(図 41

      g012150
    • 昇降アームのピボット(各アームに1ヶ所)(図 41

    • キャリアフレームとピボット(各カッティングユニットで2ヶ所)(図 42

      g003960
    • 昇降アームのピボットシャフト(各アームに1ヶ所)(図 43

      g004157
    • 後アクスルのタイロッド(2ヶ所)(図 44

      g003987
    • アクスルステアリングのピボット(1ヶ所)(図 45

      g004169
    • ステアリングシリンダのボールジョイント (2ヶ所)(図 46

      g003966
    • ブレーキペダル(1ヶ所)(図 47)。

      g011615

    エンジンの整備

    エンジンの安全事項

    • エンジンオイルの点検や補充は、エンジンを止めて行ってください。

    • エンジンのガバナの設定を変えたり、エンジンの回転数を上げすぎたりしないでください。

    エアクリーナの整備

    整備間隔整備手順
    400運転時間ごと
  • エアクリーナの整備を行う。エアクリーナのインジケータが赤色になったらその時点で整備を行う。ちりやほこりの非常に多い環境で使用しているときには頻繁な整備が必要となる。
  • エアクリーナ本体にリーク原因となる傷がないか点検してください。破損していれば交換してください。吸気部全体について、リーク、破損、ホースのゆるみなどを点検してください。

    エアクリーナのフィルタの整備は、インジケータが赤色になってから行ってください(図 48)。早めに整備を行っても意味がありません。むしろフィルタを外したときにエンジン内部に異物を入れてしまう危険が大きくなります。

    Important: 本体とカバーが正しく、しっかりと密着しているのを確認してください。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. エアクリーナのカバーをボディーに固定しているラッチを外す(図 48)。

      g027079
    3. ボディーからカバーを外す。

    4. フィルタを外す前に、低圧のエア(2.75 bar = 2.8 kg)、異物を含まない乾燥した空気)で、フィルタとボディーとの間に溜まっている大きなゴミを取り除く。

      Important: 高圧のエアは使用しないでください。異物がフィルタを通ってエンジンに吹き込まれる恐れがあります。

      Note: このエア洗浄は、フィルタを外した時にほこりが舞い上がってエンジン部へ入り込むのを防止することができる。

    5. フィルタを取り外して交換する(図 49)。

      Note: エレメントを清掃すると破損させる危険が大きいので、掃除して再使用しないでください。

      g027080
    6. 新しいフィルタに傷がついていないかを点検する。特にフィルタとボディーの密着部に注意する。

      Important: 破損しているフ ィルタは使用しない。

    7. フィルタをボディー内部にしっかり取り付ける。エレメントの外側のリムをしっかり押さえて確実にボ ディーに密着させる。

      Important: フィルタの真ん中の柔らかい部分を持たないこと。

    8. カバーについている異物逃がしポートを清掃する。カバーについているゴム製のアウトレットバルブを外し、内部を清掃して元通りに取り付ける。

    9. アウトレットバルブが下向き(後ろから見たとき、時計の 5:00 と 7:00 の間になるように)カバーを取り付ける。

    10. ラッチをしっかりと掛ける。

    エンジンオイルの量を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • エンジンオイルの量を点検する。
  • エンジンにはオイルを入れて出荷していますが、初回運転の前後に必ずエンジンオイルの量を確認してください。

    油量は約 3.3 リットル(フィルタ共)です。

    以下の条件を満たす高品質なエンジンオイルを使用してください:

    • API 規格:CH-4, CI-4 またはそれ以上のクラス。

    • 推奨オイル:SAE 15W-40(-18℃以上)

    • 他に使用可能なオイル:SAE 10W-30 または 5W-30(全温度帯)

    トロのプレミアムエンジンオイル(10W-30 または 5W-30)を代理店にてお求めいただくことができます。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. フードを開ける。

    3. ディップスティックを抜き取り、付いているオイルをウェスで拭きとってもう一度差し込む(図 50)。

      g027076
    4. 引き抜いてディップスティックの目盛りで油量を点検する。

      Note: FULL マークまであればよい。

    5. FULL マークまでない場合は、キャップ(図 51)を取り、FULLマークまでオイルを補給する。

      g004134

      入れすぎないこと。

      Important: エンジンオイルの量が常時ゲージの上限と下限との間にあるよう、気をつけて管理してください。オイルの入れすぎもオイルの不足も、エンジンの不調や故障の原因となります。

    6. キャップを取り付けてフードを閉じる。

    エンジンオイルとフィルタの整備

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 50 時間
  • エンジンオイルとフィルタの交換を行う。
  • 150運転時間ごと
  • エンジンオイルとフィルタの交換を行う。
    1. ドレンプラグ(図 52)を外してオイルを容器に受ける。

      g003970
    2. オイルが完全に抜けたらドレンプラグを取り付ける。

    3. オイルフィルタ(図 53)を外す。

      g003971
    4. 新しいフィルタのシールにきれいなエンジンオイルを薄く塗る。

    5. アダプタに新しいフィルタを取り付ける。ガスケットがアダプタに当たるまで手でねじ込み、そこから更に 1/2 回転増し締めする。

      Important: フィルタを締め付けすぎないでください。

    6. クランクケースにオイルを入れる;エンジンオイルの量を点検するを参照。

    燃料系統の整備

    危険

    燃料や燃料蒸気は条件次第で簡単に引火・爆発する。発火したり爆発したりすると、やけどや火災などを引き起こす。

    • 燃料補給は必ず屋外で、また、エンジンが停止して冷えた状態で行う。こぼれた燃料はふき取る。

    • 燃料タンク一杯に入れないこと。給油は燃料タンクの首の根元から25 mm 程度下までとする。これは、温度が上昇して燃料が膨張したときにあふれないように空間を確保するためである。

    • 燃料取り扱い中は禁煙を厳守し、火花や炎を絶対に近づけない。

    • 安全で汚れのない認可された容器で保存し、容器には必ずキャップをはめること。

    燃料タンクの内部清掃

    整備間隔整備手順
    800運転時間ごと
  • 燃料タンクを空にして内部を清掃します。
  • 長期保管前
  • 燃料タンクを空にして内部を清掃します。
  • 燃料系統が汚染された時や、マシンを長期にわたって格納する場合はタンクを空にして内部を清掃してください。タンクの清掃にはきれいな燃料を使用してください。

    燃料ラインとその接続の点検

    整備間隔整備手順
    400運転時間ごと
  • 燃料ラインに劣化や破損、ゆるみが発生していないか点検する。(または1年に1回のうち早く到達した方の時期)。
  • 劣化・破損状況やゆるみが発生していないかを調べてください。

    ウォーターセパレータの整備

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 水セパレータから水や異物を流し出す。
  • 400運転時間ごと
  • 燃料フィルタのキャニスタは所定時期に交換してください。
    1. 燃料フィルタの下に汚れのない容器をおく。

    2. キャニスタ下部のドレンプラグをゆるめて水や異物を流し出す。

      g007367
    3. フィルタ容器の周辺をウェスできれいにぬぐう。

    4. フィルタ容器を外して取り付け部をきれいに拭く。

    5. ガスケットに薄くオイルを塗る。

    6. ガスケットが取り付け部に当るまで手でねじ込み、そこからさらに1/2回転締め付ける。

    7. キャニスタ下部のドレンプラグを締める。

    燃料供給チューブの整備

    燃料タンク内部にある燃料供給チューブには、燃料系統に異物が入るのを防止するスクリーンがついています。必要に応じてこのチューブを取り外してスクリーンを清掃してください。

    燃料インジェクタからのエア抜き

    Note: この手順は、燃料システムからの通常のエア抜きを行ってもエンジンが始動できないときに行うものです;通常のエア抜きについては、燃料系統からのエア抜きを参照してください。

    1. 燃料噴射ポンプの No.1インジェクタノズル(図 55)へのパイプ接続部をゆるめる。

      g027141
    2. 始動キーをON位置に回し、接続部から流れ出る燃料が泡立たなくなるのを待つ。エアが抜けて燃料のみが流れ出てくるようになったらキーをOFFに戻す。

    3. パイプをしっかり締め付ける。

    4. 残りのノズルについても上記 1 - 3 の手順でエアを抜く。

    電気系統の整備

    Important: 電気系統を保護するため、本機に溶接作業を行う時には、バッテリーのケーブルをすべてバッテリーから外し、また、電子コントロールモジュールに接続されている2本のワイヤハーネスプラグを両方とも外してください。

    電気系統に関する安全確保

    • マシンの整備や修理を行う前に、バッテリーの接続を外してください。バッテリーの接続を外すときにはマイナスケーブルを先に外し、次にプラスケーブルを外してください。接続するときにはプラスを先に接続し、次にマイナスを接続してください。

    • バッテリーの充電は、火花や火気のない換気の良い場所で行ってください。バッテリーと充電器の接続や切り離しを行うときは、充電器をコンセントから抜いておいてください。また、安全な服装を心がけ、工具は確実に絶縁されたものを使ってください。

    バッテリーの整備

    整備間隔整備手順
    50運転時間ごと
  • バッテリーを清掃、点検する。 (または週1回のうち早く到達した方の時期)。
  • バッテリーケーブルの接続状態を点検する。
  • 危険

    電解液には硫酸が含まれており、触れると火傷を起こし、飲んだ場合には死亡する可能性がある。

    • 電解液を飲まないこと。また、電解液を皮膚や目や衣服に付けないよう十分注意すること。安全ゴーグルとゴム手袋で目と手を保護すること。

    • 皮膚に付いた場合にすぐに洗浄できるよう、必ず十分な量の真水を用意しておくこと。

    警告

    充電中は爆発性のガスが発生する。

    充電中は絶対禁煙を厳守しバッテリーにいかなる火気も近づけない。

    端子や周囲が汚れていると自然放電しますので、バッテリーが汚れないようにしてください。洗浄する場合は、まず重曹と水で全体を洗います。次に真水ですすぎます。

    ヒューズの交換

    12Vシステムには全部で8本のヒューズを使用しています。ヒューズブロックは、コントロールアームのアクセスパネルの裏側にあります(図 56)。

    g003988
    decal117-0169

    48 Vシステムには全部で6本のヒューズを使用しています。5 本は座席下のフード内部にあるヒューズブロック (図 58) に配置されています。6本目 (図 59) は、座席下の黒いカバーの下にあります。

    g027135
    g027136
    decal127-2470

    走行系統の整備

    タイヤ空気圧を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • タイヤ空気圧を点検する。
  • タイヤ空気圧を点検する適正圧は前・後輪とも0.83-1.03 bar(0.84-1.05 kg/cm2 = 12-15 psi)です。

    危険

    タイヤ空気圧が不足すると、斜面で機体が不安定になり、転倒など、生命に関わる重大な人身事故を起こしやすくなる。

    タイヤ空気圧は絶対に規定値以下に下げてはならない。

    ホイールナットのトルクを点検する

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 1 時間
  • ホイールナットを 94-122 N·m(9.7-12.5 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。
  • 使用開始後最初の 10 時間
  • ホイールナットを 94-122 N·m(9.7-12.5 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。
  • 250運転時間ごと
  • ホイールナットを 94-122 N·m(9.7-12.5 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。
  • ホイールナットを 94-122 N·m(6.2-8.9 kg.m = 70-90 ft-lb)にトルク締めする。

    警告

    適切なトルク締めを怠ると車輪の脱落や破損から人身事故につながる恐れがあります。

    ホイールナットのトルクを適切に維持すること。

    走行ドライブのニュートラル調整

    走行ペダルが踏みこまれていないときはマシンが停止していなければなりません。動きだすようでしたら調整が必要です。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを床まで下降させ、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 機体前部をジャッキアップして前タイヤを床から浮かす。落下事故防止のために、ジャッキスタンドを使って機体を確実にサポートする。

      Note: 4WD モデルでは後輪も浮かせてください。.

    3. ハイドロスタットの右側にあるトラクション調整カムのロックナットをゆるめる(図 61)。

      g004147

      警告

      走行調整カムの最終調整は、エンジンを回転させながら行う必要がある。危険を伴う作業であるから、

      マフラーなどの高温部分や回転部、可動部に顔や手足を近づけぬよう十分注意すること。

    4. エンジンを始動し、車輪の回転が止まるところまでカムを回す。

    5. ロックナットを締めて調整を固定する。

    6. エンジンを止め、ジャッキスタンドを外し、機体を床に下ろす。

    7. 試験運転で調整(クリーピングがなくなっていること)を確認する。

    後輪のトーインの調整

    整備間隔整備手順
    800運転時間ごと
  • 後輪のトーインの点検を行う。
    1. ハンドルを操作して後輪を真っ直ぐ前後方向に向ける。

    2. 各タイロッド(図 62)の端についているジャムナットをゆるめる。

      Note: タイロッド外側に溝が切ってあるところのねじは左ねじですから注意してください。

      g004136
    3. レンチ用スロットを利用して、タイロッドを回転させる。

    4. 後輪の前と後ろで、左右のタイヤの中央線間距離を測る(アクスルの高さ位置で計測)。

      Note: 後ホイールの前側で測定した距離が、後側での測定よりも 6 mm 小さければ適正である。

    5. 必要に応じてこの調整操作を繰り返す。

    冷却系統の整備

    冷却系統に関する安全確保

    • 冷却液を飲み込むと中毒を起こす;冷却液は子供やペットが触れない場所に保管すること。

    • 高温高圧の冷却液を浴びたり、高温のラジエター部分に触れたりすると大火傷をする恐れがある。

      • エンジン停止後、少なくとも15分間程度待って、エンジンが冷えてからキャップを開けること。

      • キャップを開けるときはウェスなどを使い、高温の水蒸気を逃がしながらゆっくりと開けること。

    冷却系統を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 冷却系統を点検する。
  • 通気スクリーン、オイルクーラ、ラジエター正面にたまっているごみを毎日清掃してください。非常にほこりの多い条件で使用しているときには、より頻繁に清掃してください。冷却部の清掃を参照してください。

    ラジエターの冷却液はは水とエチレングリコール不凍液の50/50 混合液です。毎日、エンジンを掛ける前に、補助タンクにある冷却液の量を点検してください。容量は 5.2 リットルです。

    注意

    エンジン停止直後にラジエターのキャップを開けると、高温高圧の冷却液が吹き出してやけどを負う恐れがある。

    • エンジン回転中はラジエターのふたを開けないこと。

    • キャップを開けるときはウェスなどを使い、高温の水蒸気を逃がしながらゆっくりと開けること。

    1. 液量の点検は補助タンクで行う(図 63)。

      タンク側面についている2本のマークの間にあれば適正である。

      g003951
    2. 冷却液の量が足りない場合には、補助タンクのキャップを取ってここから補給する。入れすぎないこと。

    3. 補助タンクのキャップを取り付けて終了。

    冷却部の清掃

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • スクリーン、オイルクーラ、ラジエターの汚れを除去する。(汚れが激しければより頻繁な清掃が必要です)。
  • 100運転時間ごと
  • 冷却系統のホースを点検する。
  • 2年ごと
  • 冷却系統の内部を洗浄し新しい冷却液に交換する。
    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. エンジン部を丁寧に清掃する。

    3. クランプをゆるめ、後スクリーンを開く(図 64)。

      g004138
    4. スクリーンを圧縮空気でていねいに洗浄する。

    5. オイルクーラのラッチを内側に倒してオイルクーラを外す(図 65)。

      g003974
    6. オイルクーラとラジエターの裏表を(図 66)圧縮空気で丁寧に清掃する。

      g004137
    7. オイルクーラを元に戻し、ラッチで確実に固定する。

    8. スクリーンを閉じ、ラッチを掛ける。

    ブレーキの整備

    駐車ブレーキの調整

    ブレーキペダルの「遊び」(図 67)が 25 cm以上となったり、強く踏み込まないとブレーキの効きが悪いと感じられるようになったら、調整を行ってください。遊びとは、ブレーキペダルを踏み込んでから抵抗を感じるまでのペダルの行きしろを言います。

    g026816

    Note: 調整の前と後に、ホイールモータのバックラッシュ(ギアのガタ)を利用してドラムを前後にゆすり、ドラムが何にも接触していないことを確認してください。

    1. 遊びを減らす(ブレーキを締める)には、ブレーキケーブルのねじ山の前ナットをゆるめ、後ろのナットを締める(図 68)。

      g011616
    2. 67後ナットを締めてケーブルを後方に移動させて、ホイールがロックする前のブレーキペダルの遊びが 6.3-12.7 mm なるように調整する。

    3. 前ナットを締め、左右のケーブルが同じように動作することを確認する。

      Note: ナットの締め付けを行うときに、ケーブルの鞘を回転させないように注意すること。

    駐車ブレーキのラッチの調整

    駐車ブレーキがかからない、ラッチがかからない状態になったらブレーキ爪の調整が必要です。

    1. 駐車ブレーキのツメをフレームに固定しているねじ2本をゆるめる(図 69)。

      g011617
    2. ブレーキのツメが戻り止めに完全に掛かるまで駐車ブレーキペダルを前に踏み込む(図 69)。

    3. ねじ(2本)を締めて調整を固定する。

    4. ブレーキペダルを踏み込んで駐車ブレーキを解除する。

    5. 調整を確認し、必要に応じて再調整する。

    ベルトの整備

    オルタネータベルトのテンション調整

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 8 時間
  • オルタネータベルトの磨耗と張りの点検を行う。
  • 100運転時間ごと
  • オルタネータベルトの磨耗と張りの点検を行う。
    1. フードを開ける。

    2. オルタネータ側プーリとクランクシャフト側プーリ間の中央部でオルタネータベルト(図 70)を指で10 kg程度の力で押してベルトの張りを点検する。

      g003976

      ベルトのたわみが 11 mm あれば適正とする。たわみの量が適正でない場合は手順 3 へ進む。適正であれば調整は不要である。

    3. ブレースをエンジンに固定しているボルト(図 70)と、オルタネータをブレースとピボットボルトに固定しているボルトをゆるめる。

    4. オルタネータとエンジンの間にバールを差し込み、オルタネータの位置を変えて必要な張りを出す。

    5. 調整が終わったらそれぞれのボルトを締めて調整を固定する。

    油圧系統の整備

    油圧系統に関する安全確保

    • 万一、油圧オイルが体内に入ったら、直ちに専門医の治療を受けてください。万一、油圧オイルが体内に入った場合には、この種の労働災害に経験のある施設で数時間以内に外科手術を受ける必要がある。

    • 油圧装置を作動させる前に、全部のラインコネクタが適切に接続されていること、およびラインやホースの状態が良好であることを確認すること。

    • 油圧のピンホールリークやノズルからは作動油が高圧で噴出しているので、絶対に手などを近づけない。

    • リークの点検には新聞紙やボール紙を使う。

    • 油圧関係の整備を行う時は、内部の圧力を確実に解放する。

    油圧ラインとホースの点検

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 油圧ラインとホースを点検する。
  • 油圧ライン・油圧ホースにオイル漏れ、ねじれ、支持部のゆるみ、磨耗、フィッティングのゆるみ、風雨や薬品による劣化などがないか毎日点検してください。異常を発見したら必ず運転を行う前に修理してください。

    油圧オイルの量を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 油圧オイルの量を点検する。
    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. 油圧オイルタンクの注油口周辺をきれいに拭き、キ ャップ(図 71)を外す。

      g021215
    3. 補給口の首からキャップ(ディップスティック)を抜き、ウ ェスできれいに拭う。

    4. もう一度首に差し込んで引き抜き、オイルの量を点検する。

      Note: オイルの量が安全範囲にあれば適正である。

      Important: 入れすぎないこと。

    5. 油量が少なければFULLマークまで補給する。

    6. 給油口にキャップ(ディップスティック)を取り付ける。

    油圧作動液の仕様

    油圧オイル溜めに高品質の油圧オイルを満たして出荷しています。初めての運転の前に必ず油量を確認し、その後は毎日点検してください;油圧オイルの量を点検するを参照。

    交換用の推奨油圧オイル:Toro PX Extended Life Hydraulic Fluid(19 リットル缶または208 リットル缶)。

    Note: 推奨オイルを使用するとオイルやフィルタ交換の回数を減らすことができます。

    使用可能な他のオイル:Toro PX Extended Life Hydraulic Fluidが入手できない場合は、以下に挙げる特性条件および産業規格を満たす石油系の油圧オイルを使用することができます。合成オイルは使用しないでください。オイルの専門業者と相談の上、適切なオイルを選択してください:

    Note: 不適切なオイルの使用による損害については弊社は責任を持ちかねますので、品質の確かな製品をお使い下さる様お願いいたします。

    高粘度インデックス/低流動点アンチウェア油圧作動液, ISO VG 46

    物性: 
     粘度, ASTM D445cSt @ 40°C 44-48
     粘性インデックス ASTM D2270140 以上
     流動点 ASTM D97-37°C--45°C
     産業規格:Eaton Vickers 694 (I-286-S, M-2950-S/35VQ25 or M-2952-S)

    Note: 多くの油圧オイルはほとんど無色透明であり、そのためオイル洩れの発見が遅れがちです。油圧オイル用の着色剤(20 ml 瓶)をお使いいただくと便利です。1瓶で 15-22 リットルのオイルに使用できます。パーツ番号は P/N 44-2500; ご注文は Toro 代理店へ。

    Important: トロ・プレミアム合成生分解油圧作動液は、トロ社がこの製品への使用を認めた唯一の合成生分解オイルです。このオイルは、トロ社の油圧装置で使用しているエラストマーに悪影響を与えず、また広範囲な温度帯での使用が可能です。このオイルは通常の鉱物性オイルと互換性がありますが、十分な生分解性を確保し、オイルそのものの性能を十分に発揮させるためには、通常オイルと混合せず、完全に入れ替えて使用することが望まれます。この生分解オイルは、モービル代理店にて 19 リットル缶または 208 リットル缶でお求めになれます。

    油圧オイルの容量

    41.6 リットル;油圧作動液の仕様を参照。

    油圧オイルの交換

    整備間隔整備手順
    800運転時間ごと
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合、代替品のオイルを使用した場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 2000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルを交換してください。
  • オイルが汚染されてしまった場合は油圧系統全体を洗浄する必要がありますので、Toro の正規代理店にご連絡ください。汚染されたオイルは乳液状になったり黒ずんだ色なったりします。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. フードを上げる。

    3. タンク(図 72)の下についているフィッティングの下に、オイルを受ける大型の容器を置く。

      g027137
    4. フィッティングからホースを外し、流れ出すオイルを容器に受ける。

    5. オイルが全部流れ出たらホースを元通りに接続する。

    6. タンクに油圧オイルを入れる;油圧作動液の仕様油圧オイルの容量 を参照。

      Important: 指定された銘柄のオイル以外は使用しないでください。他のオイルを使用すると油圧システムを損傷する恐れがあります。

    7. タンクにキャップを取り付ける。

    8. エンジンを始動し、全部の油圧装置を操作して内部にオイルを行き渡らせる。

    9. 液漏れがないか点検する。

    10. エンジンを停止する。

    11. 油量を点検し、足りなければディップスティックの FULLマークまで補給する。

      Important: 入れすぎないようにしてください。

    油圧フィルタの交換

    整備間隔整備手順
    800運転時間ごと
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合や代替品のオイルを使用したことがある場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 1000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • Important: 純正品以外のフィルタを使用すると関連機器の保証が適用されなくなる場合があります。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. フィルタ取り付け部付近をきれいに拭い、下に容器を置く(図 73)。

      g027138
    3. フィルタを外す。

    4. 新しいフィルタのガスケットに油圧オイルを薄く塗る。

    5. 取り付け部が汚れていないのを確認する。

    6. ガスケットが取り付け部に当るまでフィルタを手でねじ込み、そこからさらに1/2回転締め付ける。

    7. エンジンを始動して 2 分間運転し、システム内のエアをパージする。

    8. エンジンを停止させ、オイル漏れがないか点検する。

    油圧システムの圧力試験

    油圧回路の油圧試験を実施できるように、テストポートがあります必要に応じToro代理店にご相談ください。

    前油圧チューブについているテストポート(図 74)は、走行回路の故障探究用です。

    g031993

    ギアポンプについているテストポート (図 75) は左回路の故障探究用です。

    g027139

    油圧チューブについているテストポート (図 75) はチャージ回路の故障探究用です。

    カッティングユニットの保守

    刈り込みブレードについての安全事項

    • 磨耗したり破損したりしたリール刃や下刃は使用中に割れて破片が飛び出す場合があり、これが起こるとオペレータや周囲の人間に多大の危険を及ぼし、最悪の場合には死亡事故となる。

    • カッティングユニットが過度の磨耗や破損していないか定期的に点検してください。

    • カッティングユニットを点検する時には安全に十分注意してください。刃をウェスでくるむか、安全手袋をはめ、十分に注意して取り扱ってください。リールと下刃は研磨または交換のみ行い、たたいて修復したり溶接したりしないでください。

    • 複数のカッティングユニットを持つ機械では、1つのリールを回転させると他のカッティングユニットのリールも回転する場合がありますから注意してください。

    リールとベッドナイフの摺り合わせを点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • リールとベッドナイフの摺り合わせを点検する。
  • 前日の調子に係わりなく、 毎日の点検の一つとして必ずリールとベッドナイフの接触状態を点検してください。リールと下刃の全長にわたって軽い接触があれば適正です。(カッティングユニットのオペレーターズマニュアルの「リールと下刃の調整」の項を参照してください。)

    カッティングユニットのバックラップ

    Note: バックラップの時は、 前ユニット、 後ユニットがそれぞれ共に回転します。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛け、リール回転許可スイッチを回転禁止にセットする。

    2. インフォセンターの整備メニューでバックラップ機能の作動させるには

      1. エンジン停止(キーはRUN位置)状態で、インフォセンターのメインメニュー画面を表示させる。

      2. メインメニューから中央ボタンで下へスクロールしていくと「整備メニュー」があり、ここで右ボタンを押す。

      3. 「整備」メニュー内で下へスクロールし、前バックラップ、後バックラップが出たら、右ボタンを使って前ユニット、後ユニット、または両方を選択(OFFからONに)する。

      4. 設定が終了したら左ボタンを押すと、設定内容が保存され「設定」が終了する。

    3. 各カッティングユニットのリールと下刃をバックラップ用に設定する;カッティングユニットのオペレーターズマニュアルを参照。

    4. エンジンを始動し、アイドル回転にセットする。

      危険

      バックラップ中にエンジン速度を変えるとリールが停止することがある。

      • バックラップ中は絶対にエンジン速度を変えないこと。

      • バックラップはアイドル速度以外では行わないこと。

    5. 刈り込み/移動走行切り換えレバーを刈り込みにセットし、リール回転スイッチを回転許可にセットする。リールコントロールレバーを前に倒すとリールが回転してバックラップが始まる。

    6. 長い柄のブラシを使ってラッピング・コンパウンドを塗布しながらラッピングを続ける。

      Important: どんな場合でも短い柄のブラシは使用しないこと。

    7. リールの回転が止まってしまったり、回転が一定しない場合には、安定する速度までバックラップ速度を少しずつ上げていき、安定したところから希望する速度まで戻す。この操作はインフォセンターのボタンで行うことができる。

    8. バックラップ中にカッティングユニットの調整を行う場合は、必ず、ジョイスティックを後ろに倒してリールを停止し、リール回転スイッチを回転禁止にセットし、エンジンを停止させる。調整が終ったら-を行う。

    9. バックラップするユニット全部に上記手順を行う。

    10. 終了したら、インフォセンターのボタンでバックラップ機能をOFFに戻し、カッティングユニットについているラッピングコンパウンドをていねいに洗い落とす。必要に応じてリールと下刃の間隔を調整する。リール回転速度を、希望の速度位置にセットする。

      Important: バックラップ設定を OFF に戻さないと、カッティングユニットの上昇などの操作をすることができません。

      Note: バックラップが終わったら、ベッドナイフの前端に軽くヤスリ掛けを行うとさらに切れ味が向上します。これによりベッドナイフ前端に形成されたバリが除去されます。

    保管

    格納保管時の安全確保

    • エンジンを停止させ、キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

    • ガス湯沸かし器のパイロット火やストーブなど裸火や火花を発するものがある近くでは、機械や燃料容器を保管・格納しないでください。

    トラクションユニットの整備

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. トラクションユニット、カッティングユニット、エンジンをていねいに洗浄する。

    3. タイヤ空気圧を点検する;タイヤ空気圧を点検するを参照。

    4. ボルトナット類にゆるみながいか点検し、必要な締め付けを行う。

    5. グリス注入部やピボット部全部をグリスアップする。余分のグリスやオイルはふき取る。

    6. 塗装のはがれている部分に軽く磨きをかけ、タッチアップする。金属部の変形を修理する。

    7. バッテリーとケーブルの整備を行う;電気系統に関する安全確保ID000-448-328を参照。

      1. バッテリー端子からケーブルを外す。

      2. バッテリー本体、端子、ケーブル端部を重曹水とブラシで洗浄する。

      3. 腐食防止のために両方の端子部にワセリン(Grafo 112X: P/N 505-47)を薄く塗る。

      4. 電極板の劣化を防止するため、60日ごとに24時間かけてゆっくりと充電する。

    エンジンの整備

    1. エンジンオイルを抜き取り、ドレンプラグをはめる。

    2. オイルフィルタを外して捨てる。新しいオイルフィルタを取り付ける。

    3. エンジンに推奨モーターオイルを入れる。

    4. エンジンを始動し約 2 分間回転させる。

    5. エンジンを止め、キーを抜き取る。

    6. 新しいきれいな燃料を使って燃料タンクを洗浄する。

    7. 燃料関係のフィッティングを確実に締め付ける。

    8. エアクリーナをきれいに清掃する。

    9. エアクリーナの吸気口とエンジンの排気口を防水テープでふさぐ。

    10. 冷却水(エチレングリコール不凍液と水との 50/50 混合液)の量を点検し、凍結を考慮して必要に応じて補給する。