はじめに

この機械は回転刃を使用するリール式乗用芝刈り機であり、そのような業務に従事するプロのオペレータが運転操作することを前提として製造されています。この製品は、適切な管理を受けている芝生の刈り込みに使用することを主たる目的とする機械です。この機械は本来の目的から外れた使用をすると運転者本人や周囲の人間に危険な場合があります。

この説明書を読んで製品の運転方法や整備方法を十分に理解し、他人に迷惑の掛からない、適切で安全な方法でご使用ください。この製品を適切かつ安全に使用するのはお客様の責任です。

安全上の注意事項、取扱い説明書、アクセサリについての資料、代理店の検索、製品のご登録などについては www.Toro.com へ。

整備について、また純正部品についてなど、分からないことはお気軽に弊社代理店またはカスタマーサービスにおたずねください。お問い合わせの際には、必ず製品のモデル番号とシリアル番号をお知らせください。図 1にモデル番号とシリアル番号を刻印した銘板の取り付け位置を示します。いまのうちに番号をメモしておきましょう。

Important: シリアル番号プレートについている QR コード(無い場合もあります)をモバイル機器でスキャンすると、製品保証、パーツその他の製品情報にアクセスできます。

g259773

この説明書では、危険についての注意を促すための警告記号(図 2)を使用しております。これらは死亡事故を含む重大な人身事故を防止するための注意ですから、必ずお守りください。

g000502

この他に2つの言葉で注意を促しています。重要 は製品の構造などについての注意点を、はその他の注意点を表しています。

この製品は、関連するEU規制に適合しています; 詳細については、DOC シート(規格適合証明書)をご覧ください。

カリフォルニア州の森林地帯・潅木地帯・草地などでこの機械を使用する場合には、エンジンに同州公共資源法第4442章に規定される正常に機能するスパークアレスタが装着されていること、エンジンに対して森林等の火災防止措置をほどこされていることが義務づけられており、これを満たさない機械は、第4442章または4443章違犯となります。

エンジンの保守整備のため、および米国環境保護局(EPA)並びにカリフォルニア州排ガス規制に関連してエンジンマニュアルを同梱しております。エンジンマニュアルはエンジンのメーカーから入手することができます。

警告

カリフォルニア州

第65号決議による警告

カリフォルニア州では、ディーゼルエンジンの排気には発癌性や先天性異常などの原因となる物質が含まれているとされております。

バッテリーやバッテリー関連製品には鉛が含まれており、カリフォルニア州では発ガン性や先天性異常を引き起こす物質とされています。取り扱い後は手をよく洗ってください。

米国カリフォルニア州では、この製品を使用した場合、ガンや先天性異常などを誘発する物質に触れる可能性があるとされております。

安全について

この機械は、EN ISO 5395: 規格に適合しています(ただし所定のセットアップを行うことが必要です)。また、この機械は、ANSI B71.4-2017 規格に適合しています。

安全に関する一般的な注意

この機械は手足を切断したり物をはね飛ばしたりする能力があります。

  • エンジンを始動する前に必ずこのオペレーターズマニュアルをお読みになり、内容をよく理解してください。

  • この機械を運転する時は常に十分な注意を払ってください。運転中は運転操作に集中してください;注意散漫は事故の大きな原因となります。

  • 機械の可動部の近くには絶対に手足を近づけないでください。

  • ガードなどの安全保護機器が正しく機能していない時は、運転しないでください。

  • 作業場所に、無用の大人、子供、ペットなどを近づけないでください。子供に運転させないでください。

  • エンジンを停止させ、(キー付きの機種では)キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

間違った使い方や整備不良は人身事故などの原因となります。事故を防止するため、以下に示す安全上の注意や安全注意標識 Graphic のついている遵守事項は必ずお守りください 「注意」、「警告」、および「危険」 の記号は、人身の安全に関わる注意事項を示しています。これらの注意を怠ると死亡事故などの重大な人身事故が発生する恐れがあります。

安全ラベルと指示ラベル

Graphic

危険な部分の近くには、見やすい位置に安全ラベルや指示ラベルを貼付しています。破損したりはがれたりした場合は新しいラベルを貼付してください。

decal93-6681
decal93-7276
decal94-3353
decal99-3444
decal106-9290
decal117-3270
decal121-3598
decal121-3628
decal133-8062
decalbatterysymbols
decal121-3619
decal121-3620
decal121-3623
decal138-6979

組み立て

Note: 前後左右は運転位置からみた方向です。

車輪を取り付ける

この作業に必要なパーツ

前ホイールアセンブリ2
後輪アセンブリ1
  1. 各ホイールハブに車輪を取り付ける。空気注入バルブが外側を向くように取り付けること。

    Important: 後輪のリムは前輪のリムよりも幅が狭くなっています。

  2. ホイールナットを取り付けて 61-88 N·m(6.3-9.0 kg.m = 45-65 ft-lb.)にトルク締めする。

ハンドルを取り付ける

この作業に必要なパーツ

ハンドル1
ハンドルのキャップ1
ワッシャ(大)1
ジャムナット1
ねじ1
  1. ハンドルをステアリングシャフトにはめ込む (図 3)。

    g010834
  2. ワッシャをステアリングシャフトにはめ込む(図 3)。

  3. ジャムナットでハンドルを固定し、27-35 N·m(2.8-3.6 kg.m = 20-26 ft-lb) にトルク締めする(図 3)。

  4. キャップを取り付け、ねじで固定する(図 3)。

バッテリーを充電し機体に取り付ける

この作業に必要なパーツ

電解液

Note: バッテリーに液が入っていない場合には、比重 1.260 のバッテリー液を購入してバッテリーの各セルに入れてください。

危険

電解液には硫酸が含まれており、触れると火傷を起こし、飲んだ場合には死亡する可能性がある。

  • 電解液を飲まないこと。また、電解液を皮膚や目や衣服に付けないよう十分注意すること。安全ゴーグルとゴム手袋で目と手を保護すること。

  • 皮膚に付いた場合にすぐに洗浄できるよう、必ず十分な量の真水を用意しておくこと。

  1. 比重 1.260 のバッテリー液を購入してください。

  2. フードを開ける。

  3. バッテリーカバーを取り外す(図 4)。

    g008874
  4. バッテリーの各セルからキャップをはずし、上限までゆっくり液を満たす。

  5. 各セルにキャップを取り付け、バッテリーを充電器に接続し、充電電流を 3-4 A にセットする。3-4 Aで 4-8 時間充電する。

    警告

    充電中は爆発性のガスが発生する。

    • バッテリーにタバコの火、火花などの火気を近づけないこと。

    • バッテリーの近くでは絶対に喫煙しない。

  6. 充電が終わったらチャージャをコンセントから抜き、バッテリー端子からはずす。

  7. 補充口のキャップを外し、各セルにゆっくりとバッテリー液を入れる。リングの高さまで液を入れたらキャップを取り付ける。

    Important: バッテリー液を入れすぎないようにしてください。バッテリー液があふれ出て他の部分に触れると激しい腐食を起こします。

  8. 赤い(+)ケーブルをバッテリーの(+)端子に、黒いケーブル(-)はバッテリーの(-)端子にはめ、ボルトとナットで固定する(図 5)。プラス端子が電極に十分にはまり込んでいること、ケーブルの配線に無理がないことを確認してください。ケーブルとバッテリーカバーを接触させないこと。

    警告

    バッテリーケーブルの接続手順が不適切であるとケーブルがショートを起こして火花が発生する。それによって水素ガスが爆発を起こし人身事故に至る恐れがある。

    • ケーブルを取り外す時は、必ずマイナス(黒)ケーブルから取り外す。

    • ケーブルを取り付ける時は、必ずプラス(赤)ケーブルから取り付け、それからマイナス(黒)ケーブルを取り付ける。

    g011213

    Important: バッテリーを機体から取り外した場合には、再取り付けに際して、必ず、クランプボルトの頭が下、ナットが上になるようにしてください。逆に取り付けると、カッティングユニットをシフトさせるときにボルトが油圧チューブに当たる可能性があります。

  9. 腐食防止のために両方の端子部に Grafo 112X スキンオーバーグリス(P/N 505-47)またはグリスを薄く塗る。

  10. ショート防止のために(+)端子にゴムキャップをかぶせる。

  11. バッテリーカバーを取り付ける。

傾斜計を点検する

この作業に必要なパーツ

傾斜計1
  1. 凹凸のない水平な場所に駐車する。

  2. 機体のクロスビーム(燃料タンク脇)に携帯式の斜面計(付属品)を置いて、機体が水平になっていることを確認する(図 6)。このとき、運転席に座った状態で、機体に装着されている傾斜計の読みが 0°であれば問題ない。

    g008873
  3. 携帯斜面計で0°の読みが出ない場合には、駐車場所を変えて、携帯斜面計の読みで0°になるように駐車し直す。この状態で、機体に装着されている傾斜計の読みが 0°でなければいけない。

  4. 機体に装着されている傾斜計の読みが 0°でない場合には、機体の傾斜計の取り付けねじ(2本)をゆるめて 0°の読みが出る位置に調整し、ねじを締めて調整を固定する。

フードラッチを取り付ける(CE 規格)

この作業に必要なパーツ

ロックブラケット1
リベット2
ワッシャ 1
ねじ(¼" x 2")1
ロックナット(¼")1
  1. フードラッチブラケットからフードラッチを外す。

  2. フードラッチブラケットをフードに固定しているリベット(2本)を外す(図 7)。フードからフードラッチブラケットを外す。

    g012628
  3. CEロックブラケットとフードラッチブラケットの穴を整列させてフードにセットする。ロックブラケットをフード側に(フードに当てて)取り付けます(図 8)。ロックブラケットアームについているボルト&ナットアセンブリは外さないでください。

    g012629
  4. フードの内側にある穴に、ワッシャを整列させる。

  5. ブラケットとワッシャをフードにリベットで固定する(図 8)。

  6. フードラッチブラケットにフックをかける(図 9)。

    g012630
  7. フードロックブラケットのもう一つのアームにボルトを差し込んでラッチをロックする(図 10)。

    Note: ボルトをしっかりと締め付けるが、ナットは締め付けない。

    g012631

排気管ガードを取り付ける(CE 規格)

この作業に必要なパーツ

排気管ガード1
タップねじ4
  1. フレームについている取り付け穴に合わせてマフラー部にガードを取り付ける(図 11)。

    g008875
  2. タップねじ4本で固定する(図 11)。

ROPSを取り付ける

この作業に必要なパーツ

ROPSアセンブリ1
フランジヘッドボルト4
ロックナット4
ホースクランプ1

Important: ROPSは絶対に改造したり溶接したりしないでください。ROPS が破損した場合には修理せず、必ず新品に交換してください。

  1. ROPS を機体の固定穴に差し込み、取り付け穴を整列させる。ROPSについている換気管が機体の左側にくるように配置すること(図 12)。

    g011160
  2. ROPS のそれぞれの側をフランジヘッドキャップスクリュとロックナット(各 2)で固定する(図 12)。締め具を 81N·m(8.3kg.m = 60ft-lb)にトルク締めする。

  3. 燃料タンクからの換気チューブを ROPS の換気管に接続する(付属部品のホースクランプを使用する)。

    注意

    燃料ラインの換気ホースを外したままでエンジンを始動すると、換気チューブから燃料が流れ出して発火や爆発を起こす危険がある。発火したり爆発したりすると、やけどや火災などを引き起こす。

    エンジンを始動する前に、燃料ラインの換気ホースを 換気チューブに接続する。

前昇降アームを取り付ける

この作業に必要なパーツ

昇降アーム2
ピボットロッド2
ボルト(5/16 x ⅞")2
  1. 昇降アームのピボットシャフトリンクとピボッ トシャフトを分離(キャップスクリュ 2 個を外)し、取り外したリンクとキャップスクリュは保管する(図 13)。

    g011161
  2. 左右の昇降アームにそれぞれピボットロッドを差し込み、取り付け穴を整列させる(図 14)。

    g011162
  3. ボルト2本(5/16 x ⅞")を使って昇降アームにピボットロッドを固定する。

  4. 左右の昇降アームをそれぞれピボットシャフト(図 15)に差し込み、保管しておいたピボットシャフトリンクとキャップスクリュを取り付けて固定する。

    Note: ボルトを 95N∙m(9.7kg.m = 70ft-lb)にトルク締めする。

    g011966
  5. 昇降シリンダの両端についているピンの後部についているリテーナリングを取り外す。

  6. 昇降シリンダの右端を右昇降アームに連結する(ピン 1 本とスペーサ 2 個)(図 15)。リテーナリングで固定する。

  7. 昇降シリンダの左端を左昇降アームに連結する(ピン 1 本)。リテーナリングで固定する。

カッティングユニットにキャリアフレームを取り付ける

  1. カッティングユニットをカートンから取り出す。同梱されているカッティングユニット用オペレーターズマニュアルに従って、調整を行う。

  2. 前キャリアフレーム(図 16)を各前カッティング ユニットに載せる。

    g011968
  3. 以下の要領で、取り付けリンクを キャリアフレームに固定する:

    • 前取りつけリンクを中央のキャリアフレームに固定する; ボルト(⅜ x 2¼")1本、平ワッシャ2枚、ロックナット1個を使用して図 17のように取り付ける。取り付ける時にリンクの両側にワッシャを入れる。締め具を 42N·m(8.3kg.m = 31ft-lb)にトルク締めする。

    • 後取りつけリンクを中央のキャリアフレームに固定する; ボルト(⅜ x 2¼")1本、平ワッシャ2枚、ロックナット1個を使用して図 17のように取り付ける。取り付ける時にリンクの両側にワッシャを入れる。締め具を 42N·m(8.3kg.m = 31ft-lb)にトルク締めする。

      g012688
  4. 後キャリアフレーム(図 18)を後カッティング ユニットに載せる。

    g012003
  5. 以下の要領で、取り付けリンクを キャリアフレームに固定する:

    • 前取りつけリンクをキャリアフレームの穴に固定する; ボルト(⅜ x 2¼")1本、平ワッシャ2枚、ロックナット1個を使用して図 19のように取り付ける。取り付ける時にリンクの両側にワッシャを入れる。締め具を 42N·m(8.3kg.m = 31ft-lb)にトルク締めする。

    • 後取りつけリンクを後部のキャリアフレームに固定する; ボルト(⅜ x 2¼")1本、平ワッシャ2枚、ロックナット1個を使用して図 19のように取り付ける。取り付ける時にリンクの両側にワッシャを入れる。締め具を 42N·m(8.3kg.m = 31ft-lb)にトルク締めする。

      g012689

カッティングユニットを取り付ける

  1. 各前昇降アームのピボットロッドにスラストワッ シャを通す。

  2. ピボットロッドに、カッティングユニットのキャリアフレームを取り付け、リンチピンで固定する(図 20)。

    Note: 後ろのカッティングユニットでは、キャリアフレーム後部とリンチピンとの間にスラストワッシャを入れます。

    g012016
  3. 昇降アームとピボット部全部をグリスアップする。

    Important: ホースが折れたりひねられたり強く曲げられたりしていないことを確認してください; 図 21のようなルートが適切です。カッティングユニットを上昇させ、左にスライドさせてください(モデル 03171)。後カッティングユニットのホースが走行ケーブルブラケットに当たらないことを確認し、必要に応じて接続部やホースの位置を再調 整してください。

    g011965
  4. 各キャリアフレームのスロットにチッパーチェーンを下から上に通し、これらのチェーンをキャリアフレームの上に固定する(キャップスクリュ、ワ ッシャ、ロックナットを使用)(図 22)。

    g011218

リールモータを取り付ける

  1. 各ユニットをピボットロッドの前に置く。

  2. 右側カッティングユニットの内側端部からウェイトとOリング(図 23)を取る。

    g011964
  3. ユニット外側のベアリングハウジングのプラグを抜いて、そこにウェイトとガスケット取り付ける。

  4. 残りのカッティングユニットからは、ベアリングハウジングに入っている出荷用のプラグ(栓)を取り出す。

  5. 駆動モータのフランジにOリング(カッティングユニットの付属部品)を取り付ける(図 24)。

    g012025
  6. リールモータを各カッティングユニットに装着し、 カッティングユニットの付属部品のキャップスクリュ 2 本で固定する(図 24)。

昇降アームを調整する

  1. エンジンを始動し、昇降アームを上昇させて、各昇降アームと床面との距離が、5-8 mm になっていることを確認する(図 25)。

    g008876

    Note: このすき間が基準通りでない場合には、以下の手順でシリンダを調整する:

    1. ストップボルトを戻して、シリンダを調整して必要なすきまを作る(図 26)。

      g008877
    2. シリンダについているジャムナットを戻す(図 27)。

      g008878
    3. ロッドの端部からピンを外し、クレビスを回転させる。

    4. 調整が終わったらピンを取り付けて隙間の大きさを確認し、

    5. その後、必要に応じて上記1-4を繰り返す。

    6. クレビスのジャムナットを締める。

    Note: 移動走行中に後昇降アームが「ガタつく」ようであれば隙間を小さくしてください。

  2. 各昇降アームとストップボルトとの隙間が0.13-1.02 mmの間にあるかどうか点検する(図 26)。

    Note: この範囲になければストップボルトを調整する。

  3. エンジンを始動し、昇降アームを上昇させて、後カッティングユニット上部にあるウェアバーとバンバーストラップとの間のすき間が図 28のように 0.51-2.54mm になっていることを確認する。

    g008879

    このすき間が基準通りでない場合には、以下の手順で後シリンダを調整する:

    1. カッティングユニットを降下させ、シリンダについているジャムナットを戻す(図 29)。

      g008880
    2. ジャムナットを戻すには、シリンダロッドのナットに近い方の部分をウェスとプライヤで握って回す。

    3. 調整ができたらカッティングユニットを上昇させて隙間を点検し、

    4. その後、必要に応じて上記1-3を繰り返す。

    5. クレビスのジャムナットを締める。

Important: 前ストップや後ウェアバーに隙間がないと昇降アームが破損する場合があります。

チッパーローラキット(オプション)を取り付ける

この作業に必要なパーツ

チッパーローラキット(別売)1

高い刈高で刈り込みを行う場合には、チッパーローラキットを取り付けてください。

  1. ユニットを一番上まで上昇させる。

  2. 中央のカッティングユニットの上にあるフレームブラケットを探し出す(図 30)。

  3. チッパーブラケット装着後もローラの接触状態が変わらないようにするには、チッパーブラケットのどの穴を使ってフレームブラケットに取り付ければよいかを、中央カッティングユニットの前ローラを押し下げて調べる(図 30)。

    g016925
  4. カッティングユニットを下降させ、キットに付属しているキャリッジボルト 2 本とナットを使って、チッパーブラケットをフレームに取り付ける図 30)。

CE デカルを貼り付ける

この作業に必要なパーツ

警告ステッカー(121-3598)1
CE 用ステッカー1
製造年表示ステッカー1

CE 規格に適合させる必要がある場合は、製造年デカル(P/N 121-5615)をシリアルプレートの近くに、CE デカル(P/N 93-7252)をフードロックの近くに、CE 警告デカル(P/N 121-3598)を標準警告デカル(Part No. 133-3628)の上から貼り付けてください。

製品の概要

g008887

走行ペダル

前進走行を行なうには、走行ペダル(図 31)を踏み込みます。後退ペダル(図 31)を踏み込むと後退しますが、前進走行中はブレーキとしてもこのペダルを使用できます。ペダルをニュートラル位置にすると車両は停止します。ペダルから足をはなすだけでもニュートラル位置となります。

刈り込み・移動走行切り換えレバー

かかとで操作するレバーです(図 31)。左位置で移動走行モード、右位置で刈り込みモードとなります。カッティングユニットは刈り込みモード以外では動作しません。

Important: 刈り込み速度は、出荷時に 9.7 km/h に調整されています。ストップねじ(図 32)の調整で速度を上げることができます。

g008888

チルト調整レバー

このレバー(図 31)を手前に引いてハンドルを適当な位置に調整します; 調整ができたらレバーを前に倒して締めつけます。

インジケータ窓

カッティングユニットが中央位置にあるかどうかを確認するための窓(図 31)です。

傾斜計

機体の左右の傾きを表示する計器です(図 31)。

始動スイッチ

始動スイッチ(図 33)はエンジンの始動、停止、予熱を行うスイッチで、3つの位置があります: OFF、ON/PREHEAT、STARTの 3 位置です。キーをON/PREHEAT 位置に回して、そのままグロープラグランプが消えるのを待ち(7秒間程度)、その後にキーを START 位置に回します。エンジンが始動したら、キーから手を離してください。キーは自動的にON/RUN位置に動きます。エンジンを停止するときは、キーを左に回して OFF 位置にしますが、事故防止のため、使用しない時はキーを抜き取っておいてください。

g191213

スロットル

スロットル(図 33)を前に倒すとエンジン回転速度が速くなり、後ろに引くと遅くなります。

カッティングユニット回転スイッチ

カッティングユニット回転スイッチ(図 33)には回転と停止の2 つの位置があります。バルブバンクの電磁弁を操作してリールを回転させるスイッチです。

アワーメータ

アワーメータ(図 33)は左側コントロールパネルにあって本機の稼働時間を積算表示します。このメータは始動スイッチを ON 位置にすると始動します。

カッティングユニットのシフトレバー

このレバー(図 33)をに倒すとカッティングユニットが下降します。エンジンが作動していないとカッティングユニットは下降しません; また、上昇位置ではカッティングユニットは使用できません。レバーを手前の RAISE 位置に引けばカッティングユニットは上昇します()。

レバーを左右に動かすとカッティングユニットがその方向にスライドします。この操作はカッティングユニットを上昇させた状態で、または走行して芝刈り中に行ってください(モデル 03171 のみ)。

Note: カッティングユニットを下降させる時、レバーを前位置に保持しておく必要はありません。

危険

斜面を横断しているとき、カッティングユニットを谷側にシフトさせるのは重心を谷側に移すことになり、転倒など、生命に関わる重大な人身事故を起こしやすくなる。

斜面横断中はカッティングユニットを山側にシフトさせておくこと。

冷却水温警告灯

エンジンの冷却水の温度が異常に高くなると警告灯(図 33)が点灯します。運転が停止されず、冷却水温度がさらに 5.5 °C 上昇すると自動的にエンジンを停止させます。

エンジンオイル圧警告灯

エンジンオイルの圧力が異常に低下するとこの警告灯(図 33)が点灯します。

オルタネータランプ

オルタネータランプ(図 33)は、エンジンが作動中は消えているのが正常です。点灯した場合は充電系統の異常ですから点検と修理が必要です。

グロープラグインジケータ

グロープラグインジケータランプ(図 33)は、グロープラグが作動中に点灯します。

駐車ブレーキ

エンジンを停止させる時には、車体が不意に動き出さないよう、必ず駐車ブレーキ(図 33)を掛けてください。レバーを手前に引くと駐車ブレーキがかかります。駐車ブレーキが掛かっているのに走行ペダルを踏み込むとエンジンが停止します。

昇降レバーロック

昇降レバーロック(図 33)を後方に倒すとカッティングユニットがロックされ、落下を防止します。

リール速度コントロール

リール速度コントロールはコンソールカバーの下にあります(図 34)。刈り高に適した希望のクリップ(リール回転速度)を選択することができます; リール速度コントロールノブを、刈高と刈り込み速度に合った適切な位置に合わせてください。クリップレートの選択(リール速度の設定)を参照してください。

g011168

バックラップコントロール

バックラップコントロールはコンソールカバーの下にあります(図 34)。ノブを R に回すとバックラップ、F に回すと刈り込みモードになります。リールが回転している時はノブを操作しないでください。

燃料計

燃料計(図 35)は、燃料タンクに残っている燃料の量を表示します。

g008890

座席調整レバー

運転席の横についているレバー(図 35)を外側に引いて運転席を希望の位置にスライドさせ、その位置でレバーから手を離すと運転席が固定されます。

Note: 仕様および設計は予告なく変更される場合があります。

移動走行時の幅:203 cm(刈り幅が 183 cmの場合)234 cm(刈り幅が 216 cmの場合
刈幅183 cm または 216 cm
長さ236 cm
高さ193 cm(ROPSを含む)
Net 重量*844kg
燃料タンク容量28 リットル
走行速度刈り込み速度: 0-10 km/h; 移動走行速度: 0-14 km/h後退速度: 0-6 km/h
* カッティングユニットと油脂類を含む。

アタッチメントとアクセサリ

トロが認定した各種のアタッチメントやアクセサリがそろっており、マシンの機能をさらに広げることができます。 詳細は弊社の正規サービスディーラ、または代理店へお問い合わせください;弊社のウェブサイト www.Toro.com でもすべての認定アタッチメントとアクセサリをご覧になることができます。

いつも最高の性能と安全性を維持するために、必ずToroの純正部品をご使用ください。他社の部品やアクセサリを御使用になると危険な場合があり、製品保証を受けられなくなる場合がありますのでおやめください。

運転操作

Note: 前後左右は運転位置からみた方向です。

運転の前に

運転前の安全確認

安全に関する一般的な注意

  • 子供やトレーニングを受けていない大人には、絶対に運転や整備をさせないでください。地域によっては機械のオペレータに年齢制限を設けていることがありますのでご注意ください。オーナーは、オペレータ全員にトレーニングを受講させる責任があります。

  • 安全な運転操作、各部の操作方法や安全標識などに十分慣れておきましょう。

  • エンジンを停止させ、(キー付きの機種では)キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

  • エンジンの緊急停止方法に慣れておきましょう。

  • ガードなどの安全保護機器が正しく機能していない時は、運転しないでください。

  • 使用前に必ず、カッティングユニットの点検を行ってください。

  • これから機械で作業する場所をよく確認し、機械に巻き込まれそうなものはすべて取り除きましょう。

燃料についての安全事項

  • 燃料の取り扱いに際しては安全に特にご注意ください。燃料は引火性が高く、気化すると爆発する可能性があります。

  • 燃料取り扱い前に、引火の原因になり得るタバコ、パイプなど、すべての火気を始末してください。

  • 燃料の保管は必ず認可された容器で行ってください。

  • エンジン回転中などエンジンが高温の時には、燃料タンクのふたを開けたり給油したりしないでください。

  • 締め切った場所では燃料の補給や抜き取りをしないでください。

  • ガス湯沸かし器のパイロット火やストーブなど裸火や火花を発するものがある近くでは、機械や燃料容器を保管・格納しないでください。

  • 燃料がこぼれたら、エンジンを始動せずにマシンを別の場所に動かし、気化した燃料ガスが十分に拡散するまで引火の原因となるものを近づけないでください。

毎日の整備作業を実施する

整備間隔整備手順
使用するごとまたは毎日
  • シートベルトに摩耗や傷がないか点検する。一部でも正常に機能しないシートベルトは交換する。
  • 毎日の運転前に、に記載されている「使用ごと/毎日の典型整備」を行ってください。

    燃料を補給する

    硫黄分の少ない(微量:500 ppm 未満、または極微量:15 ppm 未満)の新しい軽油またはバイオディーゼル燃料以外は使用しないでください。セタン値が 40以上のものをお使いください。燃料の劣化を避けるため、180日以内に使いきれる程度の量を購入するようにしてください。

    燃料タンク容量は約 28 リットルです。

    気温が -7℃ 以上では夏用燃料(2号軽油)を使用しますが、気温が -7℃ 以下の季節には冬用燃料(1号軽油または1号と2号の混合)を使用してください。低温下で冬用ディーゼル燃料を使うと、発火点や流動点が下がってエンジンが始動しやすくなるばかりでなく、フィルタの目詰まりを防止できるなどの利点があります。

    気温が -7° 以上の季節には夏用燃料を使用する方が、燃料ポンプの寿命を延ばします。

    バイオディーゼル燃料対応

    この機械はバイオディーゼル燃料を混合したB20燃料(バイオディーゼル燃料が20%、通常軽油が80%)を使用することができます。ただし、通常軽油は硫黄分の少ない、または極微量のものを使ってください。以下の注意を守ってお使いください。

    • バイオディーゼル成分が ASTM D6751 または EN 14214 に適合しているものを使用してください。

    • 混合後の成分構成が ASTM D975 または EN 590 に適合していること。

    • バイオディーゼル混合燃料は塗装部を傷める可能性がある。

    • 寒い地方ではB5(バイオディーゼル燃料が5%)またはそれ以下の製品を使用すること。

    • 時間経過による劣化がありうるので、シール部分、ホース、ガスケットなど燃料に直接接する部分をまめに点検すること。

    • バイオディーゼル燃料に切り換えた後に燃料フィルタが詰まる場合がある。

    • バイオディーゼル燃料についてのより詳細な情報は代理店におたずねください。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 燃料タンクのキャップ(図 36)の周囲をきれいに拭く。

      g191214
    3. 燃料タンクのキャップを取る。

    4. タンクの首の根元まで燃料を入れる。

      Note: 燃料を入れすぎないでください。

    5. 給油が終わったらキャップを締める。

    6. こぼれた燃料はふき取る。

    ホイールナットのトルク締め

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 1 時間
  • ホイールナットのトルク締めを行う。
  • 使用開始後最初の 10 時間
  • ホイールナットのトルク締めを行う。
  • 200運転時間ごと
  • ホイールナットのトルク締めを行う。
  • ホイールナットを 61-88N·m(6.2-8.9kg.m = 45-65ft-lb)にトルク締めする。

    警告

    適切なトルク締めを怠ると車輪の脱落や破損から人身事故につながる恐れがあります。

    ホイールナットを 61-88 N·m(6.2-8.9 kg.m = 45-65 ft-lb)にトルク締めする。

    運転中に

    運転中の安全確認

    安全に関する一般的な注意

    • オーナーやオペレータは自分自身や他の安全に責任があり、オペレータやユーザーの注意によって物損事故や人身事故を防止することができます。

    • 作業にふさわしい服装をし、安全めがね、長ズボン、頑丈で滑りにくい安全な靴、および聴覚保護具を着用してください。長い髪は束ねてください。ゆるい装飾品やだぶついた服は身に着けないでください。

    • 疲れている時、病気の時、アルコールや薬物を摂取した時は運転しないでください。

    • この機械を運転する時は常に十分な注意を払ってください。運転中は運転操作に集中してください;注意散漫は事故の大きな原因となります。

    • エンジンを掛ける前に、全部の駆動装置がニュートラルであること、駐車ブレーキが掛かっていることを確認し、運転席に着席してください。

    • 人を乗せないでください。また、作業中は周囲から人、特に子供を十分に遠ざけてください。

    • 運転は、穴や障害物を確認できる十分な照明のもとで行ってください。

    • ぬれた芝の刈り込みは避けてください。接地力が落ちてスリップする危険が高くなります。

    • カッティングユニットに手足を近づけないでください。

    • バックするときには、足元と後方の安全に十分な注意を払ってください。

    • 見通しの悪い曲がり角や、茂み、立ち木などの障害物の近くでは安全に十分注意してください。

    • 刈り込み中以外は必ずカッティングユニットを止めておいてください。

    • 旋回するときや道路や歩道を横切るときなどは、減速し周囲に十分な注意を払ってください。常に道を譲る心掛けを。

    • エンジンは換気の十分確保された場所で運転してください。排気ガスには致死性ガスである一酸化炭素が含まれています。

    • エンジンの掛かっているマシンからは離れないでください。

    • 運転席を離れる前に:

      • 平らな場所に駐車する。

      • カッティングユニットを停止させ、アタッチメントを降下させる。

      • 駐車ブレーキを掛ける。

      • エンジンを止め、(キーのある機種では)キーを抜き取る。

      • 全ての動きが停止するのを待つ。

    • 機械の運転は十分な視界の確保ができる適切な天候条件のもとで行ってください。落雷の危険がある時には運転しないでください。

    横転保護バー(ROPS)についての安全確認

    • POPS 構成物は一切機体から外さないでください。

    • 必ずシートベルトを着用し、緊急時にはシートベルトを迅速に外せるよう練習しておいてください。

    • 運転時には必ずシートベルトを着用してください。

    • 頭上の障害物に注意し、これらに衝突しないように注意してください。

    • ROPS自体に損傷がないか、また、取り付け金具がゆるんでいないか、定期的に十分に点検を行い、万一の際に確実に役立つようにしておいてください。

    • ROPS が破損した場合はすべて新しいものに交換してください。修理したり改造しての使用はしないでください。

    斜面での安全確保

    • 斜面はスリップや転倒などを起こしやすく、これらは重大な人身事故につながります。斜面での安全運転はオペレータの責任です。どんな斜面であっても、通常以上に十分な注意が必要です。

    • 斜面については、実地の測定を含めてオペレータ自身が調査を行い、安全に作業ができるかどうかを判断してください。この調査においては、常識を十分に働かせてください。

    • 以下に挙げる、斜面で運転する場合の安全上の注意を必ず読んで内容をしっかり理解してください。実際に運転する前に、現場の状態をよく観察し、その日その場所でこのマシンで安全に作業ができるかどうかを判断してください。同じ斜面上であっても、地表面の条件が変われば運転条件が変わります。

      • 斜面での発進・停止・旋回は避けてください。急に方向を変えたり急な加速やブレーキ操作をしないでください。旋回は速度を落としてゆっくりと行ってください。

      • 走行、ステアリング、安定性などに疑問がある場合には運転しないでください。

      • 隠れた穴、わだち、盛り上がり、石などの見えない障害は、取り除く、目印を付けるなどして警戒してください。深い芝生に隠れて障害物が見えないことがあります。不整地では機体が転倒する可能性があります。

      • ぬれ芝、急斜面など滑りやすい場所で運転すると滑って制御できなくなる危険があります。

      • 段差、溝、盛り土、水などの近では安全に十二分の注意を払ってください。万一車輪が段差や溝に落ちたり、地面が崩れたりすると、機体が瞬時に転倒し、非常に危険です。必ず安全距離を確保してください。

      • 斜面に入る前に、安全の判断をしてください。乗用の刈り込み機械で斜面を刈り込むことに危険が感じられる場合は歩行型の機械をお使いください。

      • 斜面では可能なかぎりカッティングユニットを地表面まで下げておいてください。斜面上でカッティングユニットを上昇させると機体が不安定になる恐れがあります。

    この3輪モアは、特殊な走行系統によって非常に優れた登坂力があります。通常の3輪モアのように上り坂で山側の車輪が空転することがありません。しかし、急斜面で横向きになると、走行力を保ったまま横転する危険があります。

    • 斜面の刈り込みは、横方向でなく、できるだけ上下方向に行ってください。

    • 斜面を横切る時は、カッティングユニットを山側にスライド(可能であれば)させてください。

    • 坂を上れないと分かったら、ブレードを止め、ゆっくりとバックで、まっすぐに坂を下りてください。

    • どうしても旋回しなければならない場合は、ゆっくりと大きく、可能であれば谷側に、旋回してください。

    エンジンの始動手順

    以下の場合には、エンジンを始動する前に燃料システムのエア抜きを実施する必要があります;燃料系統からのエア抜きを参照。

    • 新車を初めて始動する時。

    • 燃料切れでエンジンが停止した時

    • 燃料系統の整備作業、例えばフィルタ交換、セパレータの洗浄などを行った後

    1. 駐車ブレーキが掛かっていること、カッティングユニットの駆動スイッチが OFF 位置にあることを確認する。

    2. 走行ペダルから足を外し、ペダルがニュートラル位置にあることを確認する。

    3. スロットルをハーフスロットル位置にする。

    4. キーを差し込み、ON/PREHEAT 位置に回して、そのままグロープラグランプが消えるのを待ち(7秒間程度)、その後にキーを START 位置に回す。エンジンが始動したら、キーから手を離す。

      Note: キーは自動的にON/RUN位置に動きます。

      Important: スタータモータのオーバーヒートを防止するため、スタータは15 秒間以上連続で回転させないでください。10秒間連続で使用したら、60秒間の休止時間をとってください。

    5. エンジンを初めて始動した時、エンジンのオーバーホールを行った後などは、1-2分間の時間を取って前進および後退走行の確認を行う。また、昇降レバーやカッティングユニット駆動スイッチを操作して各部の作動状態を確認する。

      Note: ハンドルを左右それぞれいっぱいまで切って応答を確認する。以上の点検の後、エンジンを停止させ、オイル漏れや各部のゆるみなどがないかさらに点検する。

      注意

      オイル漏れや各部のゆるみなどの異常点検には怪我の危険が伴う。

      機体の点検を行う前に、機械の可動部がすべて完全に停止していることを必ず確認すること。

    エンジンの停止手順

    エンジンを停止するには、スロットルをアイドル位置、カッティングユニット駆動スイッチを OFF 位置に戻し、始動キーをOFF位置に回して抜き取る。

    Note: 事故防止のため、キーは抜き取っておく。

    燃料系統からのエア抜き

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. 燃料タンクに少なくとも半分まで燃料が入っていることを確認する。

    3. ラッチを外してフードを開ける。

    4. 燃料噴射ポンプについているエア抜きねじ(図 37)をゆるめる。

      g008891
    5. 始動キーを ON 位置に回す。電動燃料ポンプが作動を開始し、エア抜きねじの周囲からエアが漏れ出てくるのが確認される。

      Note: ねじから燃料が連続的に流れるのが見えるまでキーを ON 位置に保持します。

    6. ねじを締めてキーをOFFにする。

    Note: 通常は、上記のエア抜き操作でエンジンが始動できるようになります。始動できない時は、噴射ポンプとインジェクタの間にエアが入っている可能性があります;インジェクタからのエア抜きを参照してください。

    インタロックシステムを点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • インタロックシステムを点検します。
  • 注意

    インタロックスイッチは安全装置であり、これを取り外すと予期せぬ人身事故が起こり得る。

    • インタロックスイッチをいたずらしない。

    • 作業前にインタロックスイッチの動作を点検し、不具合があれば作業前に交換修理する。

    1. 無用の人間を遠ざける; また、点検中はカッティン グユニットに手足を近づけない。

    2. カッティングユニットのスイッチをON位置または走行ペダルが踏まれた状態では、着席してもエンジンを始動することは出来ない。動くのはインタロックの故障であるから直ちに修理する。

    3. 着席した状態で、走行ペダルをニュートラル位置にし、駐車ブレーキを解除し、カッティングユニットのスイッチをOFF位置にセットする。エンジンを始動する。運転席から立ち上がり、走行ペダルをゆっくりと踏み込んでみる;1-3 秒でエンジンが停止すれば正常。正しく動作しないのはインタロックの故障であるから直ちに修理する。

    Note: 駐車ブレーキにもインタロックスイッチが搭載されています。駐車ブレーキが掛かっているのに走行ペダルが踏むとエンジンが停止します。

    スタンダード・コントロール・モジュール(SCM)について

    スタンダード・コントロール・モジュールは樹脂によって完全封止された汎用制御モジュールです。電子回路により機械の状態の制御と監視を行い、機械を安全に動作させるために必要な電子制御を実現しています。

    モジュールは、入力信号として、ニュートラル状態、駐車ブレーキ、PTO、エンジン始動、バックラップ、オーバーヒートなどの情報を取り込みます。そして、これらの入力情報に対する応答として、PTOスイッチ、スタータスイッチ、ETR(エンジン駆動ソレノイド)を制御します。

    モジュール表面は入力表示部と出力表示部に分かれています。入力側の情報も出力側の情報も回路基盤に搭載された緑色の LED で表示されます。

    エンジン始動回路のLEDはDC 12Vの通電で点灯します。その他の入力表示回路は回路が閉じてアースされた時に通電状態となります。どの入力表示LEDも、その回路に通電があったときに点灯します。これらの入力表示LEDは故障探究のときに利用することが出来ます。

    出力回路はそれぞれ所定の入力がそろった時に通電状態となります。 出力回路はPTO、ETR、STARTの 3 種類です。各LEDによりそれぞれの回路のリレー状態すなわちその回路の通電状態がわかります。

    出力回路が健全でも、出力装置そのものが健全であることは保証できません。ですから電気系統の故障探究を行う時には、出力LEDのチェック以外に各機器の通常のテストやワイヤハーネスの検査が必要になります。各機器のインピーダンス測定、ワイヤハーネスをつないだ状態(SCMで切り離した状態)でのインピーダンス測定、一時的な通電試験などを行ってみる必要があるでしょう。

    SCMは外部のコンピュータや診断機器に接続することはできません。また、再プログラミングもできませんし、発生した故障内容を記憶しておくこともできません。

    SCM上のLEDの説明は絵文字です。枠で囲まれた3 つが出力です。それ以外はすべて入力です。以下に記号とその意味を示します。

    g190826

    SCMを使った故障探究手順は以下の通りです。

    1. どの出力を調べたいのかを決める(PTO、始動、ETR)。

    2. 始動キーをONにして、赤い電源LEDが点灯するのを確認する。

    3. 各入力スイッチを操作して、対応する入力 LEDの点灯を確認する。

    4. スイッチやレバーを操作して、調べたい出力に必要な入力条件を作り出す。入力条件は、次ページのロジックチャートで調べることができる。

    5. 出力LEDが点灯しているのにその機器が作動しない場合には、出力ハーネス、そこから先の接続、機器そのものの故障が疑われる。必要に応じて修理を行なう。

    6. 出力側の LED が点灯しない場合は、ヒューズ 2 ヶ所を点検する。

    7. 入力が正常なのに出力LEDが点灯しない場合には、SCM を交換して症状が解消するかを試験する。

    チャートの各行(横列)は、その出力機能に必要な入力の状態を示します。チャートの左欄に、機能が示されています。各記号は以下のような意味を表します: 通電、閉じてアースされている、開いてアースされている。

    入力出力
    機能パワー Onニュートラル始動 Onブレーキが ONPTO ON着席オーバーヒート バックラップ始動 ETRPTO
    始動+OOOO++O
    運転(非着席)OOOOOOO+O
    運転(着席)OOOOOO+O
    刈り込みOOOOO++
    バックラップOOOOO++
    オーバーヒート  O    OOO
    • (–) 回路は閉じていてアースされている—LED はON。

    • (O) 回路は開いていてアースされているか通電なし—LED はOFF。

    • +: 回路は通電している(クラッチコイル、ソレノイド、始動キー) LED点灯

    • 空欄は、その論理構成に関係がないことを示す。

    故障探究手順は、まず、始動キーをON にする(エンジンは始動しない)。不具合の出ている機能を表の一番左の欄から探し出す。必要な入力をそれぞれ操作してLED が点灯するのを確認する。

    入力LED に問題がなければ出力LED を確認する。出力LED が点灯しているのにその機器が作動しない場合には、機器に到達している電圧、機器までの導通、アース回路などを検査する。発見した故障内容に応じて修理を行う。

    ヒント

    刈り込みのテクニック

    • ブレードを回転させてからゆっくりと芝刈り場所に入ります。前のカッティングユニットが芝刈りの境界内に入ったところでカッティングユニットを降下させます。

    • 真っ直ぐに刈りたい(きれいなストライプを作りたいときなど)場合は、樹木などを目印にして走行してください。

    • 前方のカッティングユニットが芝刈りエリアの境界についたらカッティングユニットを上げます。「雨だれ型」のターンを行うと、早く旋回し、しかもラインを揃えやすくなります。

    • サイドワインダー搭載機はバンカー周りや池の周囲の刈り込みを簡単に行うことができます。シフトレバーを右または左に倒せば同じ方向にカッティングユニットがスライドします。タイヤが毎回同じ場所を通らないように刈りたい場合も、この機能が役立ちます。

    • 刈りカスは前方または後方に排出されます。。刈り取り量が少なく、見栄えが重要な場合は前に排出します。カッティン グユニットの後シールドを閉じれば、刈りカスは前方向に排出されます。

    注意

    後シールドの開閉は必ずエンジンを止めて行なってください。エンジンを掛けたままで行なうと大けがをしたり、機械を破損させる危険があります。

    エンジンを止め、機械の各部がすべて完全に停止したことを確認してからカッティングユニットのシールドに触れてください。

    • 刈り取り量が多い場合は、シールドを水平より少し下向 きに開けます。シールドを開きすぎるとエンジン付近や ラジエター部に刈りカスが溜まってオーバーヒートしや すくなりますから注意してください。

    • カッティングユニットには、リールモータと反対側にバランスウェイトがついています。刈り高のミスマッチが起 こる場合にはこのウェイトを増減することができます。

    刈り込みがおわったら

    芝刈り作業が終わったら、ホースと水道水で洗車をしますが、水圧が高いとシールやベアリングに浸水しますからノズルは使用しないでください。ラジエターおよびオイルクーラに刈りかすやごみが付着していたらきれいに取り除いてください。洗車が終わったら、各部の磨耗・損傷、油圧機器や可動部の状態などの点検を行ってください。またカッティングユニットの刃の調整と切れ具合を点検し、明朝の仕事にそなえましょう。

    Important: 機体の洗浄が終わったら、サイドワインダーを左右に何度か動かしてベアリングブロックやクロスチューブについている水を落としてください(モデル 03171 のみ)。

    クリップレートの選択(リール速度の設定)

    高品質の安定した刈りを行い、均一な感じの刈り上がりのためには、リール速度が刈り高とマッチしていることが非常に重要です。

    Important: リール回転速度が遅すぎるとクリップマーク(刈 り取り模様)がはっきり見えてきます。リール回転速度が速すぎると「ボサッとした」刈り上がりになります。

    リール回転速度の選択表
    刈高5 枚刃リール8 枚刃リール11 枚刃リール
    8 km/h9.6 km/h8 km/h9.6 km/h8 km/h9.6 km/h
    63.5mm2½"333*3*
    60.3mm2⅜"343*3*
    57.2mm2¼"343*3*
    54.0mm2⅛"343*3*
    50.8mm2"343*3*
    47.6mm1⅞"453*3*
    44.5mm1¾"453*3*
    41.3mm1⅝"563*3*
    38.1mm1½"5734
    34.9mm1⅜"5834
    31.8mm1¼"6944
    28.8mm1⅛"89*45
    25mm1"99*56
    22.2mm⅞"9*9*57
    19.1mm¾"9*9*7967
    15.9mm⅝"9*9*99*77
    12.7mm½"9*9*99*88
    9.5mm⅜"9*9*99*99

    以下の手順でクリップレート(リール速度)の調整を行います:

    1. カッティングユニットの設定刈高を確認する。カッティングユニットの刃数(5 枚または 8枚)と、設定されている刈り高を確認し、次頁の表で対応する数字を調べる。刈高に対応する数字を見つければよい

      * 推奨できない刈り高および速度です。

      Note: 数値が大きいほど速度も大きくなります。

    2. リール速度コントロールノブ(図 39)を、ステップ(1)で決めた番号に合わせる。

    3. 上記の設定で数日間作業を行い、芝がその刈り高に馴染んだころに仕上がり具合を再検討する。芝の種類、状態、刈り取り長さ、仕上がりに対する好みなどにより、ノブの設定を 1 目盛り上または下に変更してよい。

      g011168

    運転終了後に

    運転終了後の安全確認

    安全に関する一般的な注意

    • エンジンを停止させ、(キー付きの機種では)キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

    • 火災防止のため、カッティングユニットや駆動部、マフラー、冷却スクリーン、エンジン構成品の周囲に、草や木の葉、ホコリなどが溜まらないようご注意ください。オイルや燃料がこぼれた場合はふき取ってください。

    • 格納保管中やトレーラで輸送中は、燃料バルブを閉じておいてください。

    • 移動走行時など、刈り込みなどの作業をしていない時には、アタッチメントの駆動を解除しておいてください。

    • 必要に応じてシートベルトの清掃と整備を行ってください。

    • ガス湯沸かし器のパイロット火やストーブなど裸火や火花を発するものがある近くでは、機械や燃料容器を保管・格納しないでください。

    ロープ掛けのポイント

    g190824

    トレーラへの積み込み

    • 機械をトレーラやトラックに積み込む際には、機体と同じ幅のある歩み板を使用してください。

    • 車体が落下しないように確実に固定してください。

    緊急時の牽引について

    緊急時には、短距離に限り、マシンを牽引または押して移動することができますが、トロではこの方法は緊急用以外には使用しないようにすることをお奨めしています。

    Important: 牽引移動時の速度は、3-4 km/hとしてください。これ以上の速度では駆動系に損傷を与える危険があります。長い距離を移動しなければならない場合にはトレーラなどを使用してください。

    1. 油圧ポンプについているバイパスバルブ(図 41)を90°回転させる。

      g008892
    2. エンジンを掛ける時にはバルブを90°(¼ 回転)させて元通りに閉める。バルブを開けたままでエンジンを掛けないこと。

    保守

    Note: 前後左右は運転位置からみた方向です。

    保守作業時の安全確保

    • 運転席を離れる前に:

      • 平らな場所に駐車する。

      • カッティングユニットを停止させ、アタッチメントを降下させる。

      • 駐車ブレーキを掛ける。

      • エンジンを止め、(キーのある機種では)キーを抜き取る。

      • 全ての動きが停止するのを待つ。

    • 保守作業は、各部が十分冷えてから行ってください。

    • 可能な限り、エンジンを回転させながらの整備はしないでください。可動部に近づかないでください。

    • 機体の下で作業する場合には、必ずジャッキスタンドで機体を確実に支えてください。

    • 機器類を取り外すとき、スプリングなどの力が掛かっている場合があります。

    • マシン各部が良好な状態にあり、ボルトナット類が十分にしまっているか常に点検してください。

    • 読めなくなったステッカーは貼り替えてください。

    • 機械の性能を完全に引き出し、かつ安全にお使いいただくために、交換部品は純正品をお使いください。他社の部品を御使用になると危険な場合があり、製品保証を受けられなくなる場合がありますのでおやめください。

    推奨される定期整備作業

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 1 時間
  • ホイールナットのトルク締めを行う。
  • 使用開始後最初の 10 時間
  • ホイールナットのトルク締めを行う。
  • 全部のベルトの状態と張りを点検します。
  • 使用開始後最初の 50 時間
  • オイルとオイルフィルタを交換する。
  • 使用するごとまたは毎日
  • シートベルトに摩耗や傷がないか点検する。一部でも正常に機能しないシートベルトは交換する。
  • インタロックシステムを点検します。
  • エンジンオイルの量を点検する。
  • 燃料・水セパレータの水抜きを行ないます。
  • タイヤ空気圧を点検する。
  • 冷却液の量を点検する。
  • ラジエターとオイルクーラを清掃してください。
  • 油圧ラインとホースを点検する。
  • 油圧オイルの量を点検する。
  • リールとベッドナイフの摺り合わせを点検する。
  • 25運転時間ごと
  • バッテリー液の量を点検する。(格納中は30 日ごとに点検します。)
  • 50運転時間ごと
  • 全部のベアリングとブッシュのグリスアップを行う(ほこりの非常に多いところで使用しているときには、毎日グリスアップしてください)。
  • 100運転時間ごと
  • 全部のベルトの状態と張りを点検する。
  • 150運転時間ごと
  • オイルとオイルフィルタを交換する。
  • 200運転時間ごと
  • ホイールナットのトルク締めを行う。
  • エアクリーナの整備(悪条件下ではより頻繁に交換を行ってください)。
  • 駐車ブレーキの調整状態を点検します。
  • 400運転時間ごと
  • 燃料ラインとその接続を点検します。
  • 燃料フィルタのキャニスタは所定時期に交換してください。
  • 500運転時間ごと
  • 後アクスルベアリングのグリスアップ。
  • 800運転時間ごと
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合、代替品のオイルを使用した場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合や代替品のオイルを使用したことがある場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 1000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 2000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルを交換してください。
  • 2年ごと
  • 燃料タンクを空にして内部を清掃します。
  • 冷却系統の内部清掃を行います(代理店にご依頼いただくか、 サービスマニュアルを参照してください)。
  • 始業点検表

    このページをコピーして使ってください。

    点検項目第 週
    インタロックの動作を点検する。       
    ブレーキの動作を確認する。       
    燃料残量を確認する。       
    エンジンオイルの量を点検する。       
    冷却系統を点検       
    燃料・水セパレータの水抜き。       
    エアフィルタ、ダストカップ、バルブを点検する。       
    エンジンから異常音がないか点検する。1       
    ラジエターとスクリーンを点検する。       
    運転操作時の異常音       
    油圧オイルの量を点検する。       
    油圧ホースの磨耗損傷を点検する。       
    オイル漏れがないか点検する。       
    燃料残量を点検する。       
    タイヤ空気圧を点検する       
    計器類の動作を確認する。       
    リールとベッドナイフの刃合わせ       
    刈高の調整の点検       
    グリスアップを行なう。2       
    塗装傷のタッチアップを行う。       
    マシンを洗浄する。       

    1始動困難、大量の煙、咳き込むような走りなどが見られる場合はグロープラグと噴射ノズルを点検する。

    2車体を水洗いしたときは整備間隔に関係なく直ちにグリスアップする。

    Important: エンジンの整備に関しての詳細は、付属のエンジンマニュアルを参照のこと。

    Note: 配線図や油圧回路図はオンラインで入手可能ですwww.Toro.com。

    要注意個所の記録

    点検担当者名:
    内容日付記事
       
       
       
       
       
       
       

    整備前に行う作業

    フードの外しかた

    整備をやりやすくするため、フードは簡単に取り外すことができます。

    1. ラッチを外してフードを開ける。

    2. フードのピボット部をブラケットに固定しているコッターピンを抜き取る(図 42)。

      g008908
    3. フードを右側にスライドさせながら反対側を持ち上げると外れる。

    Note: 取り付けは上記と逆の手順で行う。

    潤滑

    ベアリングとブッシュのグリスアップ

    整備間隔整備手順
    50運転時間ごと
  • 全部のベアリングとブッシュのグリスアップを行う(ほこりの非常に多いところで使用しているときには、毎日グリスアップしてください)。
  • 500運転時間ごと
  • 後アクスルベアリングのグリスアップ。
  • 定期的に、全部の潤滑個所にNo.2汎用リチウム系グリスを注入します。非常に厳しい条件下(ほこりの多い環境)では毎回グリスアップしてください。ベアリングやブッシュの内部に異物が入ると急激に磨耗が進行します。車体を水洗いしたときは整備間隔に関係なく直ちにグリスアップしてください。

    グリスアップ箇所は以下の通りです:

    • 後カッティングユニットのピボット(図 43

      g008894
    • 前カッティングユニットのピボット(図 44

      g008895
    • サイドワインダーのシリンダ端部(2ヶ所;モデル 03171 のみ)(図 45

      g008896
    • ステアリングピボット (図 46)

      g190873
    • 後昇降アームのピボット昇降シリンダ(2ヶ所)(図 47

      g008898
    • 左前昇降アームのピボット昇降シリンダ(2ヶ所)(図 48

      g008899
    • 右前昇降アームのピボット昇降シリンダ(2ヶ所)(図 49

      g008900
    • ニュートラル調整機構(図 50

      g008901
    • 刈り込み・移動走行切り換えレバー(図 51)

      g008902
    • ベルトテンションピボット(図 52

      g008903
    • ステアリングシリンダ(図 53

      g008904

      Note: ステアリングシリンダ反対側の端にグリス注入箇所を作ることができます。その場合、タイヤを外し、ニップルを付け、グリスを注入し、ニップルを外し、プラグを取り付けます(図 54)。

      g190872

    シールドベアリングの点検

    ベアリングが、材質上の欠陥や製造上の瑕疵のために破損することはめったにありません。ベアリングが破損する原因で最も多いのは水分などの異物がシールを抜けてベアリング内部に侵入して内部を破損させるものです。グリスパックされているベアリングでは、定期的にグリスを注入して内部の異物を外に押し出してやる必要があります。密封式のベアリングは、製造時に特殊なグリスを封入し、強力なシールによって内部を保護しています。

    密封式のベアリングは、短期的には何の整備も必要ないので保守作業が軽減され、また、グリスが落ちてターフを汚すというような事故がありません。そのため、整備の手間が省け、またグリスで芝を汚すようなリスクもありません。通常の使用では性能に問題がでることはまずありませんが、万一の不具合を早期に発見し対処することが重要ですから、定期的な点検はしていただくようにお願いします。通常条件ではシーズンに1回の点検を行い、破損や磨耗が発見された場合には交換してください。回転がスムーズなこと、作動中に熱を持たないこと、異音がしないこと、ガタや腐食(錆)がないことが大切です。

    ベアリングは消耗部品です。また、使用環境から様々なストレス(砂、農薬、水、衝撃など)を受けますから、 整備の良し悪しによって寿命が大きく変わります。整備不良によるベアリングの破損事故は保証の対象にはなりません。

    Note: ベアリングの寿命は、洗浄手順により長くも短くもなります。機械各部が高温のときに水をかけないこと、また、高圧の水や大量の水をベアリングに直接当てないことが非常に重要です。

    エンジンの整備

    エンジンの安全事項

    • エンジンオイルの点検や補充は、エンジンを止めて行ってください。

    • エンジンのガバナの設定を変えたり、エンジンの回転数を上げすぎたりしないでください。

    エアクリーナの整備

    整備間隔整備手順
    200運転時間ごと
  • エアクリーナの整備(悪条件下ではより頻繁に交換を行ってください)。
    • エアクリーナ本体にリーク原因となる傷がないか点検してください。破損していれば交換してください。吸気部全体について、リーク、破損、ホースのゆるみなどを点検してください。

    • 推奨整備間隔にて定期整備を行ってください。非常にホコリの多い場所で使用していてエンジンの能力の低下が認められる場合には、整備間隔を短くしてください。早めに整備を行っても意味がありません。むしろフィルタを外したときにエンジン内部に異物を入れてしまう危険が大きくなります。

    • 本体とカバーがシールでしっかり密着しているのを確認してください。

    1. エアクリーナのカバーをボディーに固定しているラッチを外す(図 55)。

      g027707
    2. ボディーからカバーを外す。

    3. フィルタを外す前に、低圧のエア(2.76bar = 2.8kg)、異物を含まない乾燥した空気)で、1次フィルタとボディーとの間に溜まっている大きなゴミを取り除く。高圧のエアは使用しないこと。異物がフィルタを通ってエンジン部へ吹き込まれる恐れがある。このエア洗浄により、フィルタを外した時にホコリが舞い上がってエンジン部へ入り込むのを防止することができる。

    4. 1次フィルタ(図 56)を取り外して交換する。

      Note: エレメントを再使用するつもりで洗うとフィルタの濾紙を破損させる恐れがある。

      g008910
    5. 新しいフィルタに傷がついていないかを点検する。特にフィルタとボディーの密着部に注意する。破損しているフィルタは使用しない。

    6. フィルタをボディー内部にしっかり取り付ける。エレメントの外側のリムをしっかり押さえて確実にボ ディーに密着させる。フィルタの真ん中の柔らかい部分を持たないこと。

    7. カバーについている異物逃がしポートを清掃する。

    8. カバーについているゴム製のアウトレットバルブを外し、内部を清掃して元通りに取り付ける。

    9. アウトレットバルブが下向き(後ろから見たとき、時計の 5:00 と 7:00 の間になるように)カバーを取り付ける。

    10. カバーのラッチをしっかりと掛ける。

    エンジンオイルの量を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • エンジンオイルの量を点検する。
  • エンジンにはオイルを入れて出荷していますが、初回運転の前後に必ずエンジンオイルの量を確認してください。

    油量は約 3.8 リットル(フィルタ共)です。

    以下の条件を満たす高品質なエンジンオイルを使用してください:

    • API規格CH-4、CI-4 またはそれ以上のクラス。

    • 推奨オイル: SAE 15W-40(-17°C 以上)

    • 他に使用可能なオイル:SAE 10W-30 または 5W-30(全温度帯)

    Note: Toro のプレミアムエンジンオイル(15W-40 または 10W-30)を代理店にてお求めいただくことができます。パーツカタログでパーツ番号をご確認ください。

    Note: エンジンオイルを点検する最もよいタイミングは、その日の仕事を始める直前、エンジンがまだ冷えているうちです。既にエンジンを始動してしまった場合には、一旦エンジンを停止し、オイルが戻ってくるまで約 10 分間程度待ってください。油量がディップスティックのADDマークにある場合は、FULLマークまで補給してください。入れすぎないこと。油量が ADD マークと FULL マークの間であれば補給の必要はありません。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. ディップスティック(図 57)を抜き、ウェスで一度きれいに拭く。

      g008881
    3. ディップスティックをチューブの根元までしっかりと差し込んでから抜き取り、オイルの量を点検する。

    4. オイルの量が不足している場合は、補給口のキャップ(図 58)を取り、ディップスティックで油量を確認しながら少しずつ、 FULL マークまで補給する。

      g008882
    5. キャップを取り付けてフードを閉じる。

      Important: エンジンオイルの量が常時ゲージの上限と下限との間にあるようにしてください。オイルの入れすぎもオイルの不足も、エンジンの不調や故障の原因となります。

    エンジンオイルとフィルタの交換

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 50 時間
  • オイルとオイルフィルタを交換する。
  • 150運転時間ごと
  • オイルとオイルフィルタを交換する。
    1. ドレンプラグのどちらか一方 (図 59) を外してオイルを容器に受け、オイルの流出がおわったらプラグを元通りに取り付ける。

      g008911
    2. オイルフィルタ(図 60)を外す。

      g008912
    3. 新しいフィルタのシールにきれいなエンジンオイルを薄く塗り、取り付ける。

      Note: フィルタを締めつけすぎないように注意してください。

    4. クランクケースにオイルを入れる;エンジンオイルの量を点検するを参照。

    燃料系統の整備

    危険

    燃料や燃料蒸気は条件次第で簡単に引火・爆発する。発火したり爆発したりすると、やけどや火災などを引き起こす。

    • 燃料補給は必ず屋外で、また、エンジンが停止して冷えた状態で行う。こぼれた燃料はふき取る。

    • 燃料タンク一杯に入れないこと。給油は燃料タンクの首の根元から25 mm 程度下までとする。これは、温度が上昇して燃料が膨張したときにあふれないように空間を確保するためである。

    • 燃料取り扱い中は禁煙を厳守し、火花や炎を絶対に近づけない。

    • 安全で汚れのない認可された容器で保存し、容器には必ずキャップをはめること。

    燃料タンクの整備

    整備間隔整備手順
    2年ごと
  • 燃料タンクを空にして内部を清掃します。
  • 燃料系統が汚染された時や、マシンを長期にわたって格納する場合も同様です。タンクの清掃にはきれいな燃料を使用してください。

    燃料ラインとその接続の点検

    整備間隔整備手順
    400運転時間ごと
  • 燃料ラインとその接続を点検します。
  • 燃料ラインの劣化・破損状況やゆるみが出ていないか点検を行ってください。

    燃料・水セパレータの水抜き

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 燃料・水セパレータの水抜きを行ないます。
    1. 燃料フィルタの下に汚れのない容器をおく。

    2. フィルタ容器(図 61)下部のドレンプラグをゆるめて水や異物を流し出す。

      g009880
    3. 排出が終了したらプラグを締める。

    燃料フィルタのキャニスタの交換

    整備間隔整備手順
    400運転時間ごと
  • 燃料フィルタのキャニスタは所定時期に交換してください。
    1. フィルタ容器(図 61)の周辺をウェスできれいにぬぐう。

    2. フィルタ容器を外して取り付け部をきれいに拭く。

    3. ガスケットに薄くオイルを塗る。

    4. ガスケットが取り付け部に当るまで手でねじ込み、そこからさらに1/2回転締め付ける。

    インジェクタからのエア抜き

    Note: この手順は、燃料システムからの通常のエア抜きを行ってもエンジンが始動できないときに行うものです;通常のエア抜きについては、燃料系統からのエア抜きを参照してください。

    1. No.1ノズル&ホルダーアセンブリへのパイプ接続部をゆるめる。

      g008913
    2. スロットルをFAST位置とする。

    3. 始動キーをSTART位置に回し、接続部から流れ出る燃料を観察する。燃料が泡立たなくなったら、キーを OFF に戻す。

    4. パイプをしっかり締め付ける。

    5. 残りのノズルからも同じ要領でエアを抜く。

    電気系統の整備

    電気系統に関する安全確保

    • マシンの整備や修理を行う前に、バッテリーの接続を外してください。バッテリーの接続を外すときにはマイナスケーブルを先に外し、次にプラスケーブルを外してください。接続するときにはプラスを先に接続し、次にマイナスを接続してください。

    • バッテリーの充電は、火花や火気のない換気の良い場所で行ってください。バッテリーと充電器の接続や切り離しを行うときは、充電器をコンセントから抜いておいてください。また、安全な服装を心がけ、工具は確実に絶縁されたものを使ってください。

    バッテリーの整備

    整備間隔整備手順
    25運転時間ごと
  • バッテリー液の量を点検する。(格納中は30 日ごとに点検します。)
  • バッテリーの電解液は常に正しいレベルに維持し、バッテリー上部を常にきれいにしておいてください。高温環境下で保管すると、涼しい場所で保管した場合に比べてバッテリーは早く放電します。

    危険

    電解液には触れると火傷を起こす劇薬である硫酸が含まれている。

    • 電解液を飲まないこと。また、電解液を皮膚や目や衣服に付けないよう十分注意すること。安全ゴーグルとゴム手袋で目と手を保護すること。

    • 皮膚に付いた場合にすぐに洗浄できるよう、必ず十分な量の真水を用意しておくこと。

    • 充電中はガスが発生するので、通気のよい場所で充電すること。

    • このガスは引火すると爆発するので、バッテリーには裸火や電気スパークを近づけてはならない; また、作業中の喫煙は厳禁である。

    • ガスを吸い込むと吐き気を催す場合があるので注意する。

    • バッテリーチャージャとバッテリーとの接続・切り離しは、充電器のプラグを抜いて行うこと。

    各セルへは、蒸留水またはミネラルを含まない水を適正レベルまで補給してください。但し、電解液の量が、各セルの内側についているスプリットリングの高さ以上にならないよう、注意してください。キャップは換気穴を後ろ(燃料タンク側)に向けて取り付けます。

    バッテリー上部はアンモニア水または重曹水に浸したブラシで定期的に清掃してください。 清掃後は表面を水で流して下さい。清掃中はセルキャップを外さないでください。

    バッテリーのケーブルは、接触不良にならぬよう、端子にしっかりと固定してください。

    端子が腐食した場合は、 ケーブルを外し(マイナスケーブルから先に外すこと)、クランプと端子とを別々に磨いてください。磨き終わったらケーブルをバッテリーに接続し(プラスケーブルから先に接続すること)、端子にはワセリンを塗布してください。

    ヒューズの点検

    ヒューズはコンソールカバーの下にあります。

    走行系統の整備

    タイヤ空気圧を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • タイヤ空気圧を点検する。
  • タイヤは空気圧を高めに設定して出荷しています。運転前に正しいレベルに下げてください。タイヤの適正空気圧は、97-124 kPa(0.98-1.27 kg/m2=14-18 psi)です。

    Note: 全部のタイヤを同じ圧力に調整しないと機械の性能が十分に発揮されず、刈り上がりの質が悪くなります。

    危険

    タイヤ空気圧が不足すると、斜面で機体が不安定になり、転倒など、生命に関わる重大な人身事故を起こしやすくなる。

    タイヤ空気圧は絶対に規定値以下に下げてはならない。

    走行ドライブのニュートラル調整

    走行ペダルをニュートラル位置にしても本機が動きだすようでしたら、トラクションカムを調整します。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 片方の前輪と片方の後輪を持ち上げ、フレームの下にサポートブロックを当てて浮かす。

      警告

      機体を確実に支えておかないと、何かの弾みに機体が落下した場合に極めて危険である。

      機体は、必ず片側の前輪と後輪の両方を浮かせること; 両方浮かせないと調整中に機体が動き出す。

    3. トラクション調整カムのロックナットをゆるめる(図 63)。

      g008922

      警告

      走行調整カムの最終調整は、エンジンを回転させながら行う必要がある。マフラー等の高温部分や回転部・可動部に触れると大けがをする。

      マフラーなどの高温部分や回転部、可動部に顔や手足を近づけぬよう十分注意すること。

    4. エンジンを始動し、カム()を左右に回してニュートラル位置の中心に合わせる。

    5. ロックナットを締めて調整を固定する。

    6. エンジンを停止する。

    7. 支持ブロックをはずし、機体を床に下ろす。試運転を行って調整を確認する。

    冷却系統の整備

    冷却系統に関する安全確保

    • 冷却液を飲み込むと中毒を起こす;冷却液は子供やペットが触れない場所に保管すること。

    • 高温高圧の冷却液を浴びたり、高温のラジエター部分に触れたりすると大火傷をする恐れがある。

      • エンジン停止後、少なくとも15分間程度待って、エンジンが冷えてからキャップを開けること。

      • キャップを開けるときはウェスなどを使い、高温の水蒸気を逃がしながらゆっくりと開けること。

    冷却系統を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 冷却液の量を点検する。
  • ラジエターは毎日清掃してください(図 64)。ほこりの多い環境で使用している場合には、毎時間ごとに清掃してください; エンジンの冷却系統の清掃を参照。

    g190823

    ラジエターの冷却液はは水とエチレングリコール不凍液の50/50 混合液です。毎日の作業前に液量を点検してください。

    冷却系統の容量はおよそ 5.7 リットルです。

    注意

    エンジン停止直後にラジエターのキャップを開けると、高温高圧の冷却液が吹き出してやけどを負う恐れがある。

    • エンジン回転中はラジエターのふたを開けないこと。

    • キャップを開けるときはウェスなどを使い、高温の水蒸気を逃がしながらゆっくりと開けること。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 補助タンクの冷却水量を点検する(図 65)。

      g027618

      Note: エンジンが冷えた状態で、タンク側面についている2本の線の間にあれば適切である。

    3. 冷却液の量が足りない場合には、補助タンクのキャップを取ってここから補給する。入れすぎはよくない。

    4. 補助タンクのキャップを取り付けて終了。

    エンジンの冷却系統の清掃

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • ラジエターとオイルクーラを清掃してください。
  • 2年ごと
  • 冷却系統の内部清掃を行います(代理店にご依頼いただくか、 サービスマニュアルを参照してください)。
  • エンジン部、オイルクーラ、ラジエターは毎日清掃してください。汚れが激しければより頻繁な清掃が必要です。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. フードを上げる。

    3. エンジンの周囲を丁寧に清掃する。

    4. アクセスパネルを取り外す。

    5. ラジエターの裏表を、水または圧縮空気で丁寧に清掃する(図 66)。

      g190823
    6. アクセスパネルを取り付け、フードを閉めて終了。

    ブレーキの整備

    駐車ブレーキの調整

    整備間隔整備手順
    200運転時間ごと
  • 駐車ブレーキの調整状態を点検します。
    1. ブレーキレバーに調整ノブを固定している固定ねじをゆるめる(図 67)。

      g008923
    2. ブレーキを掛けるのに必要な力が 41-68 N∙m(4.2-5.5 kg.m = 30-40 ft-lb)となるようにノブを回して調整する。

    3. ねじを締めて調整を固定する。

    ベルトの整備

    エンジンベルトの整備

    整備間隔整備手順
    使用開始後最初の 10 時間
  • 全部のベルトの状態と張りを点検します。
  • 100運転時間ごと
  • 全部のベルトの状態と張りを点検する。
  • オルタネータ/ファンベルトの張り

    1. フードを開ける。

    2. ベルト中央 (オルタネータのプーリとクランクシャフトプーリの中間) を30N·m(3kg = 22lb)の力で押してベルトの張り具合点検する(図 68)。

      Note: ベルトのたわみが 11 mm あれば適正とする。

      g008916
    3. たわみがこの範囲になければ、以下の要領で調整します:

      1. ブレースをエンジンに固定しているボルトと、オルタネータをブレースに固定しているボルトをゆるめる。

      2. オルタネータとエンジンの間にバールを差し込み、オルタネータの位置を変えて必要な張りを出す。

      3. 適切なたわみが出たら、ボルトを締めて調整を固定する。

    ハイドロスタットのベルトの交換

    1. ベルトのテンションスプリングの端にナットドライバ(または細い金属管)を差し込む。

      警告

      スプリングには大きな張力が掛かっているので十分注意すること。

    2. スプリングの端を前側に押し下げてブラケットから外し、スプリングのテンションをなくす(図 69)。

      g008917
    3. ベルトを交換する。

    4. スプリングの取り付けと張り出しは上記と逆の手順で行う。

    制御系統の整備

    スロットルの調整

    1. スロットルレバーがパネルのスロットに当たるまで後ろに倒す。

    2. 噴射ポンプのレバーアーム(図 70)の部分にあるスロットルケーブルのコネクタをゆるめる。

      g008918
    3. インジェクションポンプレバーのアームをローアイドルストップに当てた状態でケーブルコネクタを締める。

    4. スロットルコントロールをコントロールパネルに固定しているねじをゆるめる。

    5. スロットルレバーを一番前に倒す。

    6. ストッププレートを滑らせてスロットルレバーに当て、その位置でスロットルコントロールをパネルに固定する。

    7. 運転中にスロットルが設定位置からずれてしまう場合には、スロットルレバーの操作抵抗を決めるフリクションデバイスのロックナットを、5-6 N·m(0.5-0.6 kg.m = 40-55 in-lb)にトルク締めする。

      Note: 27N·m (2.8kg.m = 20ft-lb) 以内の力でスロットルレバーを操作できるように調整する。

    油圧系統の整備

    油圧系統に関する安全確保

    • 万一、油圧オイルが体内に入ったら、直ちに専門医の治療を受けてください。万一、油圧オイルが体内に入った場合には、この種の労働災害に経験のある施設で数時間以内に外科手術を受ける必要がある。

    • 油圧装置を作動させる前に、全部のラインコネクタが適切に接続されていること、およびラインやホースの状態が良好であることを確認すること。

    • 油圧のピンホールリークやノズルからは作動油が高圧で噴出しているので、絶対に手などを近づけない。

    • リークの点検には新聞紙やボール紙を使う。

    • 油圧関係の整備を行う時は、内部の圧力を確実に解放する。

    油圧ラインとホースの点検

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 油圧ラインとホースを点検する。
  • 油圧ライン・油圧ホースにオイル漏れ、ねじれ、支持部のゆるみ、磨耗、フィッティングのゆるみ、風雨や薬品による劣化などがないか毎日点検してください。異常を発見したら必ず運転を行う前に修理してください。

    油圧オイルの量を点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • 油圧オイルの量を点検する。
    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. 油圧オイルタンクの注油口周辺をきれいに拭き、キャップ(図 71)を外す。

      g008886
    3. 補給口の首からディップスティックを抜き、ウ ェスできれいに拭う。

    4. もう一度首に差し込んで引き抜き、オイルの量を点検する。

      Note: ディップスティックのマークから 6 mm の範囲にあれば適正である。

    5. 油量が少なければFULLマークまで補給する。油圧作動液の仕様を参照。

    6. ディップスティックとキャップを取り付ける。

    油圧作動液の仕様

    油圧オイル溜めに高品質の油圧オイルを満たして出荷しています。初めての運転の前に必ず油量を確認し、その後は毎日点検してください;油圧オイルの量を点検するを参照。

    交換用の推奨油圧オイル:Toro PX Extended Life Hydraulic Fluid(19 リットル缶または208 リットル缶)。

    Note: 推奨オイルを使用するとオイルやフィルタ交換の回数を減らすことができます。

    使用可能な他のオイル:Toro PX Extended Life Hydraulic Fluidが入手できない場合は、以下に挙げる特性条件および産業規格を満たす石油系の油圧オイルを使用することができます。合成オイルは使用しないでください。オイルの専門業者と相談の上、適切なオイルを選択してください:

    Note: 不適切なオイルの使用による損害については弊社は責任を持ちかねますので、品質の確かな製品をお使い下さる様お願いいたします。

    高粘度インデックス/低流動点アンチウェア油圧作動液, ISO VG 46

    物性: 
     粘度, ASTM D445cSt @ 40°C 44-48
     粘性インデックス ASTM D2270140 以上
     流動点 ASTM D97-37°C--45°C
     産業規格:Eaton Vickers 694 (I-286-S, M-2950-S/35VQ25 or M-2952-S)

    Note: 多くの油圧オイルはほとんど無色透明であり、そのためオイル洩れの発見が遅れがちです。油圧オイル用の着色剤(20 ml 瓶)をお使いいただくと便利です。1瓶で 15-22 リットルのオイルに使用できます。パーツ番号は P/N 44-2500; ご注文は Toro 代理店へ。

    Important: トロ・プレミアム合成生分解油圧作動液は、トロ社がこの製品への使用を認めた唯一の合成生分解オイルです。このオイルは、トロ社の油圧装置で使用しているエラストマーに悪影響を与えず、また広範囲な温度帯での使用が可能です。このオイルは通常の鉱物性オイルと互換性がありますが、十分な生分解性を確保し、オイルそのものの性能を十分に発揮させるためには、通常オイルと混合せず、完全に入れ替えて使用することが望まれます。この生分解オイルは、モービル代理店にて 19 リットル缶または 208 リットル缶でお求めになれます。

    油圧オイルの容量

    13.2 リットル;油圧作動液の仕様を参照。

    油圧オイルの交換

    整備間隔整備手順
    800運転時間ごと
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合、代替品のオイルを使用した場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 2000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルを交換してください。
  • オイルが汚染された場合は内部のフラッシュ洗浄作業が必要となります。Toro 代理店にご相談ください。汚染された油圧オイルは乳液状や黒ずんだ色をしています。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. フードを上げる。

    3. 油圧ラインの接続部(図 72)または油圧フィルタ(図 73)を外し、流れ出すオイルを容器に受ける。

      g008919
      g190871
    4. オイルが全部流れ出たらラインを元通りに接続する。

    5. 油圧オイルタンク(図 74)に油圧オイルを入れる; 油圧オイルの量を点検する を参照。

      Important: 指定された銘柄のオイル以外は使用しないでください。他のオイルを使用すると油圧システムを損傷する恐れがあります。

      g008886
    6. タンクにキャップをはめ、エンジンを始動し、全部の油圧装置を操作してシステム内部にオイルを行き渡らせる。

    7. また、オイル漏れがないか点検して、エンジンを停止する。

    8. 油量を点検し、足りなければディップスティックの FULLマークまで補給する。入れすぎないこと。

    油圧フィルタの交換

    整備間隔整備手順
    800運転時間ごと
  • 推奨されていない油圧オイルを使用している場合や代替品のオイルを使用したことがある場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • 1000運転時間ごと
  • 推奨オイルをご使用の場合には、油圧オイルフィルタを交換してください。
  • トロの純正フィルタ(P/N 54-0110)をご使用ください。

    Important: 純正品以外のフィルタを使用すると関連機器の保証が適用されなくなる場合があります。

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. フィルタ取り付けプレートのホースにクランプを掛ける。

    3. フィルタ取り付け部の周辺をウェスできれいにぬぐう。

    4. フィルタ(図 73)の下に廃油受けを置いてフィルタを外す。

    5. 新しいフィルタのガスケットに薄くオイルを塗布し中にオイルを入れる。

    6. フィルタの取り付け部がきれいであることを確認し、ガスケットがフィルタヘッドに当たるまで手で回して取り付け、そこから更に ½ 回転増し締めする。

    7. フィルタ取り付けプレートのホースをの締め付けを外す。

    8. エンジンを始動して2分間運転し、システム内のエアをパージする。

    9. エンジンを停止させ、オイル漏れがないか点検する。

    カッティングユニットの保守

    刈り込みブレードについての安全事項

    • 磨耗したり破損したりしたリール刃や下刃は使用中に割れて破片が飛び出す場合があり、これが起こるとオペレータや周囲の人間に多大の危険を及ぼし、最悪の場合には死亡事故となる。

    • カッティングユニットが過度の磨耗や破損していないか定期的に点検してください。

    • カッティングユニットを点検する時には安全に十分注意してください。刃をウェスでくるむか、安全手袋をはめ、十分に注意して取り扱ってください。リールと下刃は研磨または交換のみ行い、たたいて修復したり溶接したりしないでください。

    • 複数のカッティングユニットを持つ機械では、1つのリールを回転させると他のカッティングユニットのリールも回転する場合がありますから注意してください。

    リールとベッドナイフの摺り合わせを点検する

    整備間隔整備手順
    使用するごとまたは毎日
  • リールとベッドナイフの摺り合わせを点検する。
  • 前日の調子に係わりなく、 毎日の点検の一つとして必ずリールとベッドナイフの接触状態を点検してください。リールと下刃の全長にわたって軽い接触があれば適正です。(カッティングユニットのオペレーターズマニュアルの「リールと下刃の調整」の項を参照してください。)

    カッティングユニットのバックラップ

    危険

    動いているリールに触れると重大な人身事故となり最悪の場合死亡する。

    • エンジン回転中は絶対にリールに手や足を触れないこと。

    • バックラップ中にリールの回転が停止し、また自然に回転を始める場合がある。

    • 回転の止まったリールを手や足で回そうとしないこと

    • エンジン回転中はリールの調整を行わないこと。

    • リールが停止してしまった場合は、リールに触れる前にエンジンを停止すること。

    1. 汚れていない平らな場所に駐車し、カッティングユニットを下降させ、エンジンを停止させ、駐車ブレーキを掛けてキーを抜き取る。

    2. コンソールのカバーを外してコントロールの操作ができるようにする。

    3. バックラップコントロールをバックラップ位置(R)にセットする。リール速度コントロールを 1 にセットする(図 75)。

      g011168

      Note: バックラップモードではシートスイッチがバイパ スされます。これにより、着席していなくてもエンジンが掛かるよう になりますが、駐車ブレーキが掛かっていることが必要です。

      Important: 「刈り込み」モードから「バックラップ」モードへの切り換えは、必ずエンジン停止中に行ってください。エンジン回転中に切り換えるとリールを破損させる恐れがあります

    4. 全部のカッティングユニットを、バックラップ用に調整する。エンジンを始動し、ローアイドルにセットする。

    5. リール回転スイッチを「回転」側に倒してリールを 回転させる。

    6. 長い柄のブラシを使ってラッピングコンパウンドを塗布しながらラッピングを続ける。

    7. バックラップ中にカッティングユニットの調整を行う時は、必ずリールを停止させ、エンジンを切る。調整が終ったら上記4-6の手順を行う。

    8. バックラップが終了したらエンジンを止め、バックラップコントロールを芝刈り位置(F)に戻し、リール速度コントロールを所定位置に戻し、カッティングユニットについているラッピングコンパウンドを完全に洗い落とす。

      Note: バックラップについて更に詳しい内容が「Toro リールモアの基本(研磨ガイドライン付き)」(Toro Reel Mower Basics) Form 09168SLに掲載されています。

      Note: バックラップが終わったら、ベッドナイフの前端に軽くヤスリ掛けを行うとさらに切れ味が向上します。これによりベッドナイフ前端に形成されたバリが除去されます。

    洗浄

    機体の洗浄

    必要に応じて水または水と刺激の少ない洗剤で車体を洗浄する。柔らかい布などを使っても構いません。

    Important: 塩分を含んだ水や処理水は機体の洗浄に使用しないでください。

    Important: 圧力洗浄機で機体を洗浄しないでください。高圧の水で洗浄すると電気系統の損傷、重要なデカルのはがれ、グリス部への水の浸入などを起こす恐れがあります。コントロールパネル、エンジン、バッテリーの周囲に大量の水を掛けないでください。

    Important: 洗浄はエンジンを止めて行ってください。エンジンを掛けたままで洗浄を行うとエンジン内部に損傷を起こす恐れがあります。

    保管

    格納保管時の安全確保

    • エンジンを停止させ、(キー付きの機種では)キーを抜き取り、各部の動作が完全に停止したのを確認してから運転位置を離れる。調整、整備、洗浄、格納などは、機体が十分に冷えてから行う。

    • ガス湯沸かし器のパイロット火やストーブなど裸火や火花を発するものがある近くでは、機械や燃料容器を保管・格納しないでください。

    トラクションユニットの整備

    1. 平らな場所に駐車し、カッティングユニットを降下させ、駐車ブレーキを掛け、エンジンを停止させてキーを抜き取る。

    2. トラクションユニット、カッティングユニット、エンジンをていねいに洗浄する。

    3. タイヤ空気圧を点検する;タイヤ空気圧を点検するを参照。

    4. ボルトナット類にゆるみながいか点検し、必要な締め付けを行う。

    5. グリス注入部やピボット部全部をグリスアップする。余分のグリスやオイルはふき取る。

    6. 塗装のはがれている部分に軽く磨きをかけ、タッチアップする。金属部の変形を修理する。

    7. バッテリーとケーブルの整備を行う;電気系統に関する安全確保ID000-448-328を参照。

      1. バッテリー端子からケーブルを外す。

      2. バッテリー本体、端子、ケーブル端部を重曹水とブラシで洗浄する。

      3. 腐食防止のために両方の端子部にワセリン(Grafo 112X: P/N 505-47)を薄く塗る。

      4. 電極板の劣化を防止するため、60日ごとに24時間かけてゆっくりと充電する。

    エンジンの整備

    1. エンジンオイルを抜き取り、ドレンプラグをはめる。

    2. オイルフィルタを外して捨てる。新しいオイルフィルタを取り付ける。

    3. エンジンに推奨モーターオイルを入れる。

    4. エンジンを始動し約 2 分間回転させる。

    5. エンジンを止め、キーを抜き取る。

    6. 新しいきれいな燃料を使って燃料タンクを洗浄する。

    7. 燃料関係のフィッティングを確実に締め付ける。

    8. エアクリーナをきれいに清掃する。

    9. エアクリーナの吸気口とエンジンの排気口を防水テープでふさぐ。

    10. 冷却水(エチレングリコール不凍液と水との 50/50 混合液)の量を点検し、凍結を考慮して必要に応じて補給する。