これを読んで製品に搭載されているインフォセンターの使い方を十分に理解してください。この製品を適切かつ安全に使用するのはお客様の責任です。

製品の安全や取り扱い講習、アクセサリなどに関する情報、代理店についての情報の入手、お買い上げ製品の登録などをネットで行っていただくことができます:www.Toro.com

はじめに

Groundsmaster® 5900 および 5910 ロータリーモア用ソフトウェアガイドに、システム情報およびシステムの機能の使用方法の説明があります。

製品の概要

インフォセンターの起動画面

車両を始動すると、起動画面が表示され、アイコンによる表示が行われます(駐車ブレーキがON、PTOがON位置、クルーズコントロールがON位置など)。

Note: 以下の図は表示例です:説明の都合上、車両の使用中に画面に表示される可能性のある アイコンすべてが描かれています。

各アイコンがどのような意味を持っているかについては、以下の表をご覧ください(図 1)。

g033320

運転操作

インフォセンター

スクリーンの表示機能

ボタンを押すことにより、スクリーン1またはスクリーン2の表示を見る、アラームを停止させる、異常の内容を見る、終了する、といった操作ができます(図 2)。

g033145

ボタン 1~4 を押すと、下の画面にメニューが表示されます(図 2)。

起動画面が表示された後、ボタン 1または2 を押すことにより、左上画面右上画面に表示されるないようを選択することができます(図 2)。

Note: 画面の左右上部に表示される内容の設定はエンジンを停止しても保存されます。

ボタン1と2を押すと以下ように画面の切り替えを行うことができます:

  • タコメータ — 左上画面 (図 3)

  • 燃料残量 — 右上画面 (図 3)

    g033146
  • 12 V バッテリー充電状態表示 — 左上画面 (図 4)

  • 24 V バッテリー充電状態表示 — 左上画面 (図 4)

    g033161
  • 油圧オイル温度とファン作動表示 — 右上画面 (図 5)

    Note: 以下の例では、油圧オイル冷却ファンが 25% の速度で前転中。

  • エンジン冷却液温度とファン作動表示 — 左上画面 (図 5)

    Note: たとえば図 5、エンジン冷却液ファンが 50% の速度で逆転中。

    この表示(図 1)はファンの速度と回転方向を示します。ファンの回転速度は、油圧オイルの温度とエンジン冷却液の温度によって変わり、必要に応じて自動で逆転します。逆転は、エンジン冷却液または油圧オイルの温度が所定の温度に達したときに自動的に行われ、フード後部のスクリーンにたまったごみを吹き飛ばします。さらに、ラジエターファンは、冷却液の温度に関係なく21分間ごとに逆転動作を行います。

    ファンの回転方向はエンジン冷却液温度画面と油圧オイル温度画面にも表示されます。バーが中央よりも右側にあるのは、ファンが前転していることを表します。バーが中央よりも左側にあるのは、ファンが逆転していることを表します(図 5)。

    g033162

異常通知が表示された場合、どのキーでも押せば、対処方法が表示されます(図 2)。

Note: 上司や担当整備士に表示内容を知らせ、対応を決めましょう。

矢印キーを使って異常表示画面上を移動することができます。

どれでも良いから何かのキーを押せば情報キーが表示されます。

DPF(排気粒子フィルタ)整備表示

DPF 整備表示(図 1)が表示された場合には、直ちに弊社代理店に整備を依頼してください。

燃料レベルインジケータ

燃料タンクに残っている燃料の量を表示します(図 3)。

PTO インジケータ

PTO が接続状態のときに表示されます(図 1)。

駐車ブレーキインジケータ

駐車ブレーキが掛かっている時に表示されます(図 1)。

クルーズコントロールインジケータ

クルーズコントロールがセットされていると表示されます(図 1)。

H/L (Hi/Low 速度レンジ)インジケータ

選択されている速度レンジを表示します(図 1)。

グロープラグ表示

予熱中に点灯します(図 1)。

積算稼働時間表示

エンジンの積算稼働時間を表示します(図 1)。

タコメータ

エンジンの作動速度を RPM で表示します(図 3)。

油圧オイル温度と冷却ファン作動状態表示

油圧オイルの温度とオイル冷却ファンの作動状態を表示します(図 5)。

エンジン冷却液温度と冷却ファン作動状態表示

エンジン冷却液の温度とその冷却ファンの作動状態を表示します(図 5)。

バッテリー電圧

バッテリー(12Vと24V)の電圧を表示します(図 4)。

整備時期インジケータ

次の定期整備時期までの残り時間を表示します。

Note: 整備を終えたらリセットしてください。

  1. インフォセンターの一番右のボタンを長押しする。

    Note: メインメニュー画面が表示される。

  2. 左側の2つのボタンで Service を選択し、右向き矢印の下にあるボタンを押して続行する。

  3. Hours を選択して、右向き矢印の下にあるボタンを押して続行する。

  4. Reset Hoursの下にあるボタンを押す。

  5. 次の整備時期の時間をHoursから選択し、右向き矢印の下にあるボタンを押す。

    Note: リセットされると、チェックマークが表示される。

  6. リセットが終了したら、終了アイコンのボタン(ドアが開いている絵)を押すとメイン画面に戻る(またはキャンセルを押して終了する)。

音声アラーム(インフォセンター)

以下の場合にアラームが作動します:

デッキ下降

  • エンジンが停止している

  • どれかのデッキが下降中

デッキがフロート状態でない

  • PTO作動操作がされて許可された

  • どれかのデッキがリミット以下だがフロートしていない

マシンからインフォセンターにリクエストが送信された

  • エンジンが赤色停止ランプメッセージを送信した

    Note: アラーム条件が無くなった場合、あるいはオペレータがインフォセンターの任意のボタンを押してアラームを了承した場合には、アラームは停止します。

  • エンジンからの再生リクエスト

  • エンジンの何らかの不具合

  • 何らかのアドバイス;インフォセンターが表示するアドバイスを参照

  • エンジンが橙色警告メッセージを送信した

  • 燃料残量が2.2%未満

メインメニュー

メインメニュー画面にアクセスするにはインフォセンターのボタン5(一番右)を長押しします。

メインメニュー画面からは、整備(Service)画面、診断(Diagnostics)画面、設定(Settings)画面を選択できます (図 6)。

g033167

整備(Service)画面

この画面を使う必要が出て来たとき(走行ペダルの補正など)には、弊社代理店にご連絡ください。

アクセス制限付きメニューへのアクセス

Note: 出荷時に設定されている デフォルト PIN は 0000 または 1234 です。PIN を変更後、PIN を忘れてしまった場合には、弊社ディストリビュータにご相談ください。

  • 5900

  • 1234

  1. ホーム画面で、ボタン 1~4 のうち任意のボタンを押すと、画面下部にメニューが表示される(図 7)。

    g214880
  2. ボタン 5 を押すとメインメニューが表示される(図 8)。

    g214879

    メニューが保護されている場合には、ENTER PIN と表示される。

  3. ボタン1~4で、PIN を入力する(図 9)。

    g214881
  4. PIN の入力ができたら、ボタン 5 を押す(図 10)。

    インフォセンターにメインメニューが表示される。

    g214883g214882

    Note: エンジンを切って、その後にキースイッチをRUN位置にすると、PIN コードによる保護がメインメニューに適用されます。

PINを変更する方法

  1. 起動画面で、ボタン5を長押しするとメインメニューが表示される(図 11)。

    g033167
  2. ボタン2を何度か押してメインメニューが出たら、ボタン4で設定(Settings)を選択する (図 11)。

  3. 設定画面から、ボタン 4 を押して表示(Display)を選択する (図 12)。

    g033168
  4. ボタン2を何度か押してPIN設定が出たら、ボタン4でPIN設定(PIN Settings)を選択する (図 13)。

    g033169
  5. ボタン2を何度か押してPIN 変更(PIN Change)が出たら、ボタン4で選択する (図 14)。

    g033170
  6. ボタン 1~4 を使って PIN を入力し、入力が完了したらボタン 5 を押す (図 15)。

    Note: 出荷時に設定されている デフォルト PIN は 5900です。

    g033172
  7. ボタン 1~4 を使って新しい PIN を入力し、入力が完了したらボタン 5 を押す (図 16)。

    g033173
  8. ボタン 1~4 を使って PIN を承認し、承認が完了したらボタン 5 を押す (図 17)。

    g033174

整備時期到来(Service-Due)タイマー

  1. 保護メニュー用の PIN 番号を入力したら、ボタン 5 を押す。

  2. スクロールしてメインメニューの SERVICE(整備)を選択する(図 18)。

    g033167
  3. 脇にある矢印ボタンを押す。

  4. スクロールして HOURS(時間)を選択する。

  5. HOURS メニューで、中央のボタンで RESET HOURS(時間をリセット)を選択する。

  6. スクロールして正しい時間に合わせる。

  7. 脇にある矢印ボタンを押す。

  8. EXIT(終了;ドア)ボタン(図 18または図 19)を押して終了する。

インフォセンターのバックライトとコントラストの変更

  1. 起動画面で、ボタン5を押すと明るさとコントラスト変更のポップアップメニューが表示される(図 19)。

    g033178
  2. 明るさを増加させるにはボタン1、減少させるにはボタン2、コントラストを増加させるにはボタン3、減少させるにはボタン4を押す(図 19)。

  3. 設定が終わったらボタン 5 を押して終了する (図 19)。

クルーズコントロール速度の設定

インフォセンターにあるクルーズコントロールスイッチで、クルーズ速度を設定することができます:

  1. クルーズコントロールスイッチを ON にする。

  2. クルーズコントロールが表示されたらボタン1~4でポップアップメニューにアクセスする。

  3. ボタン3を押してクルーズコントロール(Cruise Control)画面へ行く(図 20)。

    g033179
  4. クルーズコントロール画面で、ボタン1を押すと速度現象、2を押すと速度増加となる(図 21)。

  5. 設定が終わったらボタン 5 を押して終了する (図 21)。

    g033180

インフォセンターが表示するアドバイス

運転操作が不完全な場合などに、インフォセンターの画面にアドバイスが表示されます。たとえば、走行ペダルを踏み込んだ状態でエンジンを始動させようとした場合には、走行ペダルを ニュートラル 位置にしてくださいという表示が出ます。

どのアドバイスの場合も、現在の状態(始動拒否、PTO拒否、クルーズコントロール拒否など)、アドバイスコード(数字)、理由(アドバイスが表示された理由)、説明(文による説明)が、図 22のように表示されます。

g031999

Note: アドバイスは不具合としては記録されません。

Note: インフォセンターのどのキーでも押せば、表示は消えます。

各アドバイスは以下の表の通りです:

状態コード対処法表示文
始動が拒絶されました4ティーチモードです
始動が拒絶されました5PTOがONですPTOを切らないと始動できません
始動が拒絶されました6ニュートラルにありません走行ペダルをニュートラルにしないと始動できません
始動が拒絶されました7着席しておらず駐車ブレーキがOFFです着席するか駐車ブレーキを掛けないと始動できません
始動が拒絶されました8デッキ昇降スイッチがONですデッキスイッチを切らないと始動できません
始動が拒絶されました9やり直してくださいキーをOFFにしてからもう一度ONにしてください
PTOが拒絶されました102ハイレンジです(ローにしてください)PTO接続にはローレンジにしてください
PTOが拒絶されました106着席していませんPTO接続には着席してください
PTOが拒絶されました107フロートしているデッキがありません(下降キーを押してください)PTO接続にはデッキを下げてください
PTOが拒絶されました108エンジンのオーバーヒートですPTO接続にはエンジン温度を下げてください
PTOが拒絶されました109CAN 通信ができません (修理が必要です)PTO接続には修理が必要です
PTOが拒絶されました110油圧オイルの温度不足ですオイルの温度が上がるまで待ってください
クルーズコントロールが拒絶されました202走行速度が遅すぎて検知できません走行速度を上げてください
デッキ降下が拒絶されました302移動走行状態では降下できません降下させるには走行ペダルをニュートラルにしてください
デッキ降下が拒絶されました303着席していませんデッキを降下させるには着席していることが必要です
デッキ降下が拒絶されました304整備が必要ですデッキを降下させるには修理が必要です
デッキがフロートしていません(エンジン始動時)402下降スイッチを押してくださいフロートさせるにはデッキを下げてください
高速レンジが拒絶されました502左デッキが上がっていません高速レンジ切替には左デッキを上げてください
高速レンジが拒絶されました503中央デッキが上がっていません高速レンジ切替には中央デッキを上げてください
高速レンジが拒絶されました504右デッキが上がっていません高速レンジ切替には右デッキを上げてください
高速レンジが拒絶されました505左デッキがフロート状態です高速レンジ切替には左デッキを上げてください
高速レンジが拒絶されました506中央デッキがフロート状態です高速レンジ切替には中央デッキを上げてください
高速レンジが拒絶されました507右デッキがフロート状態です高速レンジ切替には右デッキを上げてください
高速レンジが拒絶されました508PTOスイッチがONです高速レンジ切替にはPTOを解除してください
高速レンジが拒絶されました509クルーズコントロールがONです高速レンジ切替にはクルーズを解除してください
高速レンジが拒絶されました510スピードの出し過ぎです高速レンジ切替には走行速度を落としてください
高速レンジが拒絶されました511CAN 通信ができません (修理が必要です)高速レンジ切替には修理が必要です
高速レンジが拒絶されました512油圧オイルの温度不足ですオイルの温度が上がるまで待ってください
低速レンジが拒絶されました602クルーズコントロールがONです低速レンジ切替にはクルーズを解除してください
低速レンジが拒絶されました603スピードの出し過ぎです低速レンジ切替には走行速度を落としてください
低速レンジが拒絶されました604CAN 通信ができません (修理が必要です)低速レンジ切替には修理が必要です
走行が拒絶されました804駐車ブレーキがONです走行するには駐車ブレーキを解除してください
走行が拒絶されました805ニュートラルにありません走行するには走行ペダルをニュートラルにしてください
走行が拒絶されました806着席していません走行するには着席している必要があります
エンジン関係のアドバイス1205スタータを 30 秒間作動させています30秒で時間切れです
エンジン関係のアドバイス1206エアフィルタを交換してくださいエアフィルタを点検してください
エンジン関係のアドバイス1207整備時期エンジンの整備時期が近づいています
エンジン関係のアドバイス1208整備時期を過ぎています整備時期を過ぎています
エンジン関係のアドバイス1209DPF の整備が必要です再生 30 分以内に終了します
エンジン関係のアドバイス1210オーバーヒートのためエンジン回転数を落としましたエンジン温度を下げてください
エンジン関係のアドバイス1211エンジン速度制限中。油圧オイルの温度不足です油圧オイル温度が4℃未満。エンジン速度を 1,650rpm に制限中
燃料レベル1302燃料残量わずかです燃料を補給してください
走行ペダルの調整ができていません1402走行ペダルが適正範囲外です走行ペダルを調整してください
ティーチ1500ティーチモードに入りました走行ペダルティーチ中:お待ちください
ティーチ1502走行ペダルがニュートラルにありません走行ペダルをニュートラルにしてください
ティーチ1503走行ペダルをゆっくり前進側に踏んでください走行ペダルをゆっくり前進側に踏んでください
ティーチ1504ニュートラル前進検知成功しましたニュートラル前進検知成功しました
ティーチ1505ニュートラル前進検知失敗しましたニュートラル前進検知失敗しました
ティーチ1506ニュートラル前進検知失敗しました(範囲外です)ー 検知した電圧がスペック外ですティーチモードをリセットしてください
ティーチ1507走行ペダルを前進一杯に踏み込んで保持してください走行ペダルを前進一杯に踏み込んで保持してください
ティーチ1508前進最大検知成功しました前進最大検知成功しました
ティーチ1509前進最大検知失敗しました(範囲外です)ー 検知した電圧がスペック外ですティーチモードをリセットしてください
ティーチ1510走行ペダルをゆっくり後退側に踏んでください走行ペダルをゆっくり後退側に踏んでください
ティーチ1511ニュートラル後退検知成功しましたニュートラル後退検知成功しました
ティーチ1512ニュートラル後退検知失敗しましたニュートラル前進検知失敗しました
ティーチ1513ニュートラル後退検知失敗しました(範囲外です)ー 検知した電圧がスペック外ですティーチモードをリセットしてください
ティーチ1514走行ペダルを後退一杯に踏み込んで保持してください走行ペダルを後退一杯に踏み込んで保持してください
ティーチ1515後退最大検知成功しました後退最大検知成功しました
ティーチ1516後退最大検知失敗しました(範囲外です)ー 検知した電圧がスペック外ですティーチモードをリセットしてください
ティーチ1517ペダルティーチ終了・測定値を保存しましたティーチを終了します
ティーチ1518ペダルティーチ失敗しましたティーチを終了し、やり直してください
デッキ上昇が拒絶されました1602着席していません着席している必要があります
デッキ上昇が拒絶されました1603駐車ブレーキが掛かっていません駐車ブレーキを掛ける
デッキ上昇が拒絶されました1604ニュートラルにありません走行ペダルをニュートラルにしてください
デッキ上昇が拒絶されました1605整備が必要です代理店に連絡してください
デッキ上昇が拒絶されました1606全部のデッキが一度に上がらないエンジン速度 2,000rpm までは、全部のデッキスイッチを同時に長押しすると一つずつしか上がりません。